フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラードイツ語: Ferdinand Georg Waldmüller1793年1月15日 - 1865年8月23日)は、オーストリア帝国ビーダーマイヤー時代の画家

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー
Ferdinand Georg Waldmüller
自画像(1828年)
生誕1793年1月15日
神聖ローマ帝国 ウィーン
死没 (1865-08-23) 1865年8月23日(72歳没)
オーストリア帝国 メードリング
著名な実績肖像画風景画
影響を与えた
芸術家
アントン・ロマコ
ハンス・カノン
アダム・ブレンナー

生涯

カタリーナ・ヴァルトミュラー

1793年1月15日ウィーンで誕生した。1814年、オペラ歌手のカタリーナ・ヴァイトナーと結婚した。

1814年から1815年にかけて、ウィーン会議が開催された。肖像画を得意とするイギリスの宮廷画家トーマス・ローレンスがウィーンにやって来たのを契機として、オーストリア貴族にも肖像画の需要が生まれた[1]。そこでヴァルトミュラーは肖像画家として活躍したが、その肖像画はドミニク・アングルの作風に似たものであった[1]

ヴァルトミュラーが1827年に描いたベートーヴェンの肖像画は、ヨーゼフ・カール・シュティーラーの描いた肖像画ほどではないが、有名である。1827年、オーストリア皇帝フランツ1世の肖像画を依頼され、ますます貴族からの依頼を受けるようになった。

1834年、妻カタリーナと離婚した。

ヴァルトミュラーは風景画もよく描いたが、彼は工業化されていく都市からの逃避的な意味を風景画に持たせた初めての画家であった[1]

ギャラリー

出典

  1. ジョンストン(1986) p.211

参考文献

  • W.M.ジョンストン『ウィーン精神1:ハープスブルク帝国の思想と社会 1848-1938』井上修一岩切正介林部圭一訳、みすず書房、1986年8月22日。ISBN 4-622-01768-7。

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーに関するカテゴリがあります。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.