フェノール・亜鉛華リニメント

フェノール・亜鉛華リニメント(英:Phenol and Zinc Oxide Liniment)とは、液状フェノール(C6H6O)および酸化亜鉛(ZnO)を有効成分とする日本薬局方収載の外用の医薬品であり、水痘による掻痒などに対して用いる。別名カチリともいう[1]

小史

フェノール・亜鉛華リニメントは、土肥慶蔵の創案による処方といわれ、日本において古くから用いられているが、日本以外の国の公定書には収載されていない[2]

別名のカチリは、ドイツ語表記:Karbol Zink Linimente(カルボール(Karbol)は、フェノール(Phenol、石炭酸という意味のCarbolic acidも同意語)の独別名を略したもの。

薬理作用

フェノール(2%)の防腐、消毒、鎮痒作用と酸化亜鉛の収れん作用のほか、皮膚面に塗擦すると水分が蒸発してトラガントの薄膜が残り、皮膚を保護する作用を有する[3]

組成

本剤は、以下の組成からなるリニメント剤(全量1000gの場合)[4]

液状フェノール:22mL
トラガント末:20g
カルメロースナトリウム:30g
グリセリン:30mL
酸化亜鉛:100g
精製水:適量

効能

皮膚そう痒症、汗疹じん麻疹小児ストロフルス、虫さされ

用法

1日1~数回、適量を患部に塗布する。

禁忌

びらん潰瘍結痂、損傷皮膚および粘膜

出典

  1. 日本薬剤師会, ed. (2008), 調剤指針 (第12改訂増補 ed.), 薬事日報社, p. 62, ISBN 9784840810517
  2. マイラン製薬『医薬品インタビューフォーム カチリ「ホエイ」』2008年2月改訂、P1
  3. マイラン製薬『医薬品インタビューフォーム カチリ「ホエイ」』2008年2月改訂、P8
  4. 『第15改正日本薬局方』2006年、p923

参考文献

  1. 高久史麿鴨下重彦監修『治療薬マニュアル2000』医学書院、2000年、p1286、ISBN 4-260-10532-9
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.