フィブロバクター属

フィブロバクター属 (Fibrobacter) はグラム陰性嫌気性桿菌で、スフィンゴバクテリアである。1950年にロバート・ハンゲートにより、反芻動物の第一胃(ルーメン)からF. succinogenes ("Bacteroides succinogenes") が発見された。元々はバクテロイデス属であったが、1988年に分かれた。F. succinogenesはセルロース分解性の細菌として盛んに研究されている。他にF. intestinalisが知られている。

フィブロバクター属
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: フィブロバクター門 Fibrobacteres
: フィブロバクター綱 Fibrobacteres
: フィブロバクター目 Fibrobacteles
: フィブロバクター科 Fibrobacteraceae
: フィブロバクター属 Fibrobacter
学名
Fibrobacter Montgomery et al. 1988
  • F. succinogenes
  • F. intestinalis

この属のみでフィブロバクター門を構成する。系統解析によると、バクテロイデス門クロロビウム門に比較的近縁という。

参考文献

  • Montgomery L; Flesher B; Stahl D. (1988). “Transfer of Bacteroides succinogenes (Hungate) to Fibrobacter gen. nov. as Fibrobacter succinogenes comb. nov. and description of Fibrobacter intestinalis sp. nov.”. Int. J. Syst. Bacteriol. 38: 430435. doi:10.1099/00207713-38-4-430.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.