ファラマルズ・パイヴァール

ファラーマルズ・パーイヴァルペルシア語: فرامرز پایور、Farāmarz Pāyvar、1933年2月10日 - 2009年12月9日)はイラン作曲家サントゥール奏者。脳損傷による長年の闘病生活の末、2009年12月9日に亡くなった[1]

ファラーマルズ・パーイヴァル
生誕 1933年2月10日
出身地 イランテヘラン
死没 (2009-12-09) 2009年12月9日(76歳没)
テヘラン
ジャンル ペルシア伝統音楽
職業 作曲家, サントゥール奏者
担当楽器 サントゥール

バイオグラフィー

テヘラン生まれ。父は画家であるアリー・パーイヴァルで、彼はセタールサントゥールの演奏も嗜んだ。

パーイヴァルは音楽をダーロルフォヌーンで学び、その後1962年にはケンブリッジ大学で英語を学んだ。 音楽に関しては、アボルハサン・サバーアブドッラー・ダヴァーミーヌール・アリー・ボルーマンド (歌とラディーフ)、ホセイン・デフラヴィーエマニュエル・メリク・アスラニアン(和声と対位法)、ホセイン・テヘラーニー(トンバク)といった著名な音楽家に師事した。

現代のサントゥール演奏に大きな影響を与えた偉大な音楽家であり、サントゥールに関して多くの教則本、楽曲を発表している。またダヴァーミーのラディーフによる曲やロクノッディーンの詠唱による曲も存在する。

ファルハング・ホナル・アンサンブル(文化芸術アンサンブル)を1966年に設立。その他ファラーマルズ・パーイヴァル・アンサンブルなどでもリーダーを務めた。

現役時代はイラン古典音楽の優れた演奏家たちと共演(ホセイン・テヘラーニーアリー・アスガル・バハーリーモハンマド・エスマーイーリーフーシャング・ザリーフハサン・ナーヒードジャリーリー・シャフナーズモハンマド・レザー・シャジャリヤーンなど)し、多くのレコーディングが存在する。

彼の門下からは数多くの優秀な演奏家が輩出された(モハンマド・レザー・シャジャリヤーンアルファウ・アトラーイー、サイード・サーベト(سعید ثابت)、ペジュマーン・アーザルミーナー、レザー・シャーフィイヤーン)。

作品

  • Concertino for santūr and Orchestra (Pāyvar-Dehlavi) (1958)
  • The Radif of Sabā for Santur in three volumes by F. Pāyvar and Dāryūš Safvat (FerdowsiPublication,Tehran) (1958)
  • Dialogue (Goftegū), duet for Santur and violin (1959)
  • Preliminary book in Santur playing (Māhūr Publication, Tehran) (1960)
  • Thirty Chāhārmezrāb for the Santur(Department of Art and Culture Publication, Tehran) (1971)
  • The second book of the Radif of Sabā for Santur by F. Pāyvar and Dāryūš Safvat (Ferdowsi Publication,Tehran) (1974)
  • Eight musical pieces for the Santur (Department of Art and Culture Publication, Tehran) (1979)
  • Parniān, duet for Santur and Tār (1980)
  • Radif Chapkūk for Santur (in women's voice registration) for the santur (1981)
  • A collection of pishdarāmad and Rengs -1981
  • A collection of pishdarāmad and Rengs (arranged for the violin) (1982)
  • Chamber music for Santūr (1982)
  • Fānūs, duet for two Santurs -1982
  • Theory of Western and Iranian music (1983)
  • Reng-e šahrāšūb (1984)
  • Elementary Radif for Santur (1988)
  • Rahgozar, duet for santur and flute (Otāqe Čāp Publication, Tehran) (1989)
  • The Vocal Radif and old Tasnifs, according to the version of Abdollah Davami, Collected by F. Pāyvar.(Māhūr Publication, Tehran) (1998)
  • Fālgūš, seven pieces for Santur (Māhūr Publication, Tehran) (2000)

ディスコグラフィー

  • Improvisation in dašti and afšāri, F. Pāyvar, santur and H. Tehrāni, Tombak.
  • Album Yādegāri (the memorial album) in dastgāhs šūr and segāh, F. Pāyvar, santur and M. Esmāili, Tombak.
  • Goftegū (dialogue), duets for santūr and other instruments composed by F. Pāyvar
  • In memorial of Habib Samai, F. Pāyvar, Santūr solo in dastgāhs šūr and čhāhārgāh.
  • Dašti concert. Pāyvar ensemble and Shajariān (vocal)
  • Del-e Sheyda, Pāyvar Ensemble (Masters of Classical Persian Music) and Shahram Nazeri (vocals).
  • Layli & Majnoun, Pāyvar Ensemble (Masters of Classical Persian Music) and Shahram Nazeri (vocals).
  • Bayāt-e Kord: F. Pāyvar, santūr and H. Tehrani, Tombak in dastgāh Bayāt-e Kord and solo Tombak in various rhythm improvised by Tehrani.
  • Šahrāšūb, F. Pāyvar, santūr solo in šūr, abū atā and dašti. Mahur
  • Iranian folk music, arranged by F. Pāyvar. Pāyvar Ensemble and Simā Binā (vocal).
  • Hekāyate Del, in dastgāh šūr. Pāyvar Ensemble with A. Rostamiān (vocal).
  • Mahūr and Segāh, Masters Ensemble conducted by F. Pāyvar and Shahidi (vocal).
  • Rahāvard, played by Masters, J. Shahnāz, tār, M. Esmāili, Tombak, and F. Pāyvar, Santur.
  • Kerešme, in dastgāhs segāh and afšāri, played by Pāyvar Ensemble.

出典

  1. Veteran Iranian composer Faramarz Payvar dies”. Press TV (2009年12月9日). 2012年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月10日閲覧。

外部リンク

  • Biography
  • Short Bio
  • Mehdi Setāyesh'gar, The Master of Eternal Mezrabs, in Persian, Jadid Online, 15 December 2009, .
    • Audio slideshow: (4 min 9 sec).
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.