ピリカ遺跡

ピリカ遺跡(ピリカいせき)は、北海道今金町にある旧石器時代遺跡美利河遺跡とも表記される。1994年(平成6年)に国の史跡に指定されている。

概要

渡島半島ピリカベツ川流域の台地上にある。1983年(昭和58年)以来、美利河ダムの建設工事に伴って発掘調査が行われて、調査面積1585平方メートルの範囲から細石刃・尖頭器をはじめ、細石刃核・刻器削器ドゥナイト製の玉などが大量に出土した。出土品の分析により、これらの石器は3ないし5つの時期に分けることが可能で、黒曜石は北海道各地から、玉は遠く大陸からもたらされたことが判明している。出土品は11万点以上にのぼるが、そのうち各時期を代表する石器、接合資料など163点が「北海道美利河1遺跡出土品」の名称で重要文化財に指定されている(ピリカ旧石器文化館保管)。

関連施設

2003年(平成15年)には遺跡に隣接して「ピリカ旧石器文化館」がオープンした。

積雪期は「ふれあい歩くスキーコース」が開設される。

参考文献

  • 岡村道雄「美利河遺跡」(『日本史大事典 5』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13105-5)
  • 寺崎康史「ピリカ遺跡」(『日本歴史大事典 3』(小学館、2001年) ISBN 978-4-09-523003-0)
  • 藤本強「美利河Ⅰ遺跡」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.