ピニオンカッタ

ピニオンカッタ: pinion cutter)とは、歯車歯切り盤創成切削する際に用いられる歯車型をした切削工具のこと。 一般には平歯車の形状をなし、歯幅方向に逃げ角が設けられる。

歯車型をした刃を押し付けて歯車を側面から往復運動により歯切り切削を行う為、加工速度は速くはないが、ホブでは切削できない内歯車や段付き歯車の切削には欠かせない。 歯の往復に合わせて断続的に回転送りされるので歯面は多角形状となる。このため仕上げ加工としてシェービングカッタによるシェービング加工や、歯面研削が行われる。

関連項目

  • ラックカッタ
  • シェービングカッタ
  • ホブ

参考文献

  • 萱場孝雄加藤康司 『機械工作概論』 理工学社、1986年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.