ビンデシン

ビンデシン(vindesine)は、化学療法で用いられる抗有糸分裂ビンカアルカロイドである。抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種。CAS登録番号53643-48-4。ビンブラスチンの初めての半合成アナログである。

ビンデシン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: D
    法的規制
    • (Prescription only)
    投与方法 点滴静脈注射
    薬物動態データ
    血漿タンパク結合65-75%
    代謝肝臓 (CYP3A4-mediated)
    半減期24時間
    排泄胆汁および腎臓
    識別
    CAS番号
    53643-48-4 59917-39-4 (硫酸塩)
    ATCコード L01CA03 (WHO)
    PubChem CID: 40839
    DrugBank APRD00392
    KEGG D01769
    化学的データ
    化学式C43H55N5O7
    分子量753.926 g/mol

    硫酸塩が「フィルデシン」という商品名で発売されている。VDSという略号で表されることがある。

    適応

    急性白血病慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)、悪性リンパ腫肺癌食道癌[1]

    副作用

    骨髄抑制、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 (SIADH)、麻痺性イレウス、消化管出血、間質性肺炎、心筋虚血、脳梗塞、神経麻痺、痙攣、聴覚異常、筋力低下(起立障害、歩行障害、階段昇降障害、手指連動障害等)、知覚異常、末梢神経障害、アナフィラキシー様症状、食欲不振、悪心・嘔吐、口内炎、便秘 AST (GOT) 上昇、ALT (GPT) 上昇、Al-P上昇、 BUN上昇、クレアチニン上昇、発疹、脱毛、しびれ感、知覚低下、息切れ、気管支痙攣、悪寒、発熱、静脈炎など。

    作用機序

    あまり明らかではないが、微小管またはチューブリンに関連したものであるとされる。

    脚注

    1. Macmillan Cancer Support (2009年4月1日). Vindesine (Eldisine) (英語). 2009年11月22日閲覧。

    関連項目

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.