ビル・ジョイの法則

コンピューティングにおけるビル・ジョイの法則は、アメリカのコンピュータ技術者でサン・マイクロシステムズの共同創業者ビル・ジョイ1983年に提唱したプロセッサーに関する経験則をいう。「プロセッサーの最大性能は1年単位で毎年倍増する」という法則である。

例えば、SはMIPS[1]を表し、Yは年(year)を意味する[2]

また、同じビル・ジョイが提唱した法則にビル・ジョイの法則 (マネジメント)があるが、当記事とは関係ない。

関連項目

脚注

  1. MIPSは1秒間に何百万個の命令が実行できるかを表す「million instructions per second」の略。
  2. ジョン・マルコフ (December 13, 1993). “The not-so-distant future of personal computing”. InfoWorld: 49.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.