ビスマルク海

ビスマルク海(ビスマルクかい Bismarck Sea)は、太平洋の南西部のパプアニューギニア近隣にある海域である。名称は、ビスマルク諸島と同じく、ドイツ首相であるオットー・フォン・ビスマルクにちなむ。

ビスマルク海
Bismarck Sea
ビスマルク海はニューギニア島の北東に位置する
場所 オセアニア
種類
語源 オットー・フォン・ビスマルク
親水域 太平洋
パプアニューギニア
自治体 マダン

南西をニューギニア島に、北から南東にかけてをビスマルク諸島(アドミラルティ諸島ニューアイルランド島ニューブリテン島)に囲まれている。南西のダンピール海峡ヴィティアス海峡を通じて、ソロモン海と結ばれている[1]。広さは東西約700km、南北約350km、最大水深は約2,500m[2]である。沿岸の主な町としてはラバウルマダンなどがある。

第二次世界大戦中の1943年3月3日-4日に、この海域でビスマルク海海戦があった[3]

範囲

ビスマルク海の島
ウラウン山とロロバウ島

国際水路機関(IHO)はビスマルク海の範囲を以下のように定義している[4]

  • 南西: ニューギニア島の北東の海岸

鉱物資源

近年のビスマルク海海底の探査により、硫化物亜鉛を含む層が発見された。それらが浅い、穏やかな海に分布しているので、これらの調査結果は非常に重要である。パプアニューギニアは、国際法に基づきこれらの鉱物の採掘の権利を有する[5]

脚注

  1. Bismarck Sea”. Encyclopædia Britannica. 2007年7月15日閲覧。
  2. http://www.britannica.com/EBchecked/topic/67058/Bismarck-Sea
  3. Pacific War Maps”. 2007年7月15日閲覧。
  4. Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2011年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月7日閲覧。
  5. The Mineral Wealth of the Bismarck Sea”. Scientific American Digital. 2007年7月15日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.