ヒペルボレア (小惑星)

ヒペルボレア[1] (1309 Hyperborea) は、小惑星帯の小惑星である。グリゴリー・ネウイミンがクリミア半島のシメイズ天文台で発見した。

ヒペルボレア
1309 Hyperborea
仮符号・別名 1931 TO
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1931年10月11日
発見者 G. N. ネウイミン
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 3.201 AU
近日点距離 (q) 2.713 AU
遠日点距離 (Q) 3.690 AU
離心率 (e) 0.153
公転周期 (P) 5.73
軌道傾斜角 (i) 10.29
近日点引数 (ω) 246.34 度
昇交点黄経 (Ω) 206.18 度
平均近点角 (M) 135.39 度
物理的性質
直径 57.15 km
自転周期 13.95 時間
絶対等級 (H) 10.20
アルベド(反射能) 0.0450
■Template (■ノート ■解説) ■Project

ギリシア神話のヒュペルボレイア(北風の彼方の地)に因んで名付けられた。

2009年4月に熊本県で掩蔽が観測された。

出典

  1. 全世界の観測成果 ver.2 (Excel)”. 薩摩川内市せんだい宇宙館 (2018年3月3日). 2019年3月11日閲覧。

関連項目

外部リンク

前の小惑星:
ハレリア (小惑星)
小惑星
ヒペルボレア (小惑星)
次の小惑星:
フィリゲラ (小惑星)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.