ヒノキ新薬

ヒノキチオール(1936年に野副鐵男博士が発見)を配合したスキンケア製品を中心に扱っており、同社では化粧品と呼ばず「肌粧品(きしょうひん)」と名付けている[1]

ヒノキ新薬株式会社
Hinoki Clinical Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本
102-0084
東京都千代田区二番町9-6
バウ・エプタ2階
設立 1956年3月
法人番号 5010001055194
代表者 社長 阿部武彦
資本金 3億7500万円
売上高 20億9000万円(2011年6月期)
従業員数 180名
外部リンク http://www.hinoki.co.jp/

ヒノキ新薬株式会社(ひのきしんやく)は、東京都千代田区に本拠地を置く日本株式会社

概要・歴史

ヒノキチオールの工業的な抽出が始まった1955年、抽出用ボイラーを製作したのが阿部武夫で、翌1956年(昭和31年)3月に阿部によってヒノキ新薬が設立されることになったという[2]

1976年、息子である[3]阿部武彦が代表取締役社長に就任。2013年現在も同職を務めている[4]

2001年に広報誌「あすなろ」(1960年創刊)を休刊し、発展的に企業文化誌「エプタ」(EPTA)を創刊(年5回発行)[5]

講談社VoCE2010年9月号に掲載された見開き広告「いい女になっている編」が、第54回日本雑誌広告賞の第1部B業種(コスメティック部門)銀賞を受賞した[6]

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.