ヒナコウモリ科

ヒナコウモリ科(ヒナコウモリか、学名 Vespertilionidae)は、コウモリ目ヒナコウモリ上科の科のひとつ。

ヒナコウモリ科
Myotis myotis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: コウモリ目(翼手目) Chiroptera
亜目 : 陽翼手亜目 Yangochiroptera
上科 : ヒナコウモリ上科 Vespertilionoidea
: ヒナコウモリ科 Vespertilionidae
学名
Vespertilionidae Gray, 1821

特徴

コウモリ目を構成する科のうち、最も種数の多い科である。48属407種からなる。分布域も広く、北極圏を除くあらゆる地域に分布しており、生息環境も多様である。

メスのほうがオスよりもわずかに大きい。哺乳類では珍しく、出産時に子供が母親の体にしがみついて落下を防げるように後ろ足から生まれてくる。

分類

トビイロホオヒゲコウモリ
Myotis lucifugus
ソプラノアブラコウモリ
Pipistrellus pygmaeus

参考文献

  • 船越公威・福井大・河合久仁子・吉行瑞子『コウモリのふしぎ』技術評論社、2007年7月25日。ISBN 978-4-7741-3135-1。

   

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.