パラクマリルアルコール

パラクマリルアルコール(Paracoumaryl alcohol)は、モノリグノールの1つであるフィトケミカルである。フェニルプロパノイド生合成経路によって合成される。重合すると、リグニンまたはリグナンとなる。

パラクマリルアルコール
識別情報
CAS登録番号 3690-05-9 
PubChem 5280535
ChemSpider 4444166
KEGG C02646
ChEBI
ChEMBL CHEMBL109034
特性
化学式 C9H10O2
モル質量 150.1745
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

パラクマリルアルコールと脂肪酸エステルは、リンゴの表面を覆う表在クチクラワックスのベースである。

またパラクマリルアルコールは、カビコールスチルベノイドクマリンの生合成の中間体となる。

研究により、パラクマリルアルコールの誘導体は、食用の抗酸化物質として作用することが示されている。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.