パプアニューギニアの国章

パプアニューギニア国章(パプアニューギニアのこくしょう)とは1971年に制定されたパプアニューギニアの徽章。

パプアニューギニアの国章
詳細
使用者 パプアニューギニア
採用 1971年

太鼓の上に鳥が羽を広げているデザイン。

構成

  • 中央の鳥はパプアニューギニアの国鳥であるアカカザリフウチョウ。幸福と親善のシンボルとして親しまれ、伝統行事にはその尾羽が飾りとして使われる。
  • 槍はパプアニューギニアの戦士の持ち物であり、近隣との交易に用いる商品でもあった。刺突とともに投擲もできるようになっており、絵はやや短い。
  • ドラムはクンドゥと呼ばれる小型のもの。楽器としての用途だけではなく、かつては通信手段としても使われていた。国民の結束のシンボル。


関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.