バーティカルバー

バーティカルバー (英: vertical bar)は、約物のひとつで、「|」と書き表される。Unicode名称はバーティカルライン (vertical line)。縦線とも呼ばれる。コンピュータ言語数学などで主に使用される記号で、自然言語ではほとんど使用されない。

|
¦

ブロークンバー

古いドットプリンターで印刷したバーティカルバー (7C/1行目)。

バーティカルバーの中央が切断されている記号「¦」は、ブロークンバー (英: broken bar)またはブロークンバーティカルバー (英: broken vertical bar) という。破断線とも呼ばれる[1]

現在ではUnicodeLatin-1はこの文字に独立した符号を与えているが、歴史的には独立した文字ではなく、バーティカルバーをラテン文字の「I(アイ)」や「l(エル)」などと区別するために作られた別字形だった。そのため、いくつかの古いレンダリングエンジンはバーティカルバーをブロークンバーのグリフで表示する。

用法

数学

  • |x|の形で、絶対値の記号として用いる。
  • {x|x<2}の形で、定義を表す。
  • P(A|B)の形で、「Bという条件のもとでAとなる確率」という条件付き確率を表す。
  • d|nの形で、「dはnの約数である」ことを示す。

物理学

コンピュータ

  • UNIXMS-DOSではパイプの記号として用いる。
  • C言語やその影響を受けている言語では、1本(|)でOR演算子、2本(||)で論理和演算子として用いられる。
  • 正規表現バッカス・ナウア記法では「選択」、すなわち、左右の書式のいずれかを選べることを意味する。
  • PL/ISQLでは、2連のバーティカルバー (||) は文字列連結演算子である(ただしこの演算子をサポートしないSQLエンジンは多い)。
  • MediaWikiにおいては、ウィキテキストにおける内部リンク先の表示名称と実際のページ名称を区別する際に用いられる。

自然言語

国際音声記号 (IPA) で歯吸着音を表す。Unicodeでは属性が(記号でなく)文字の U+01C0 latin letter dental clickǀ」を使う。

符号位置

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
|U+007C1-1-35&#x7C;
&#124;
縦線
VERTICAL LINE
¦U+00A61-9-5&brvbar;
&#xA6;
&#166;
破断線
BROKEN BAR
ǀU+01C0&#x1C0;
&#448;
LATIN LETTER DENTAL CLICK
U+2223&#x2223;
&#8739;
DIVIDES
U+FF5C1-1-35 包摂&#xFF5C;
&#65372;
縦線 (全角)
VERTICAL LINE
U+FFE41-9-5 包摂&#xFFE4;
&#65508;
破断線 (全角)
BROKEN BAR

脚注

  1. JIS X 0213:2012 附属書4 仮名、特殊文字及びけい線素片

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.