バローチスターン州

バローチスターン州 (バローチスターンしゅう、Balochistanウルドゥー語: بلوچستان、Balōčistān、バロチスタン、バローチスタンとも) は、パキスタンの最大の面積を持つであり、歴史的なバルチスタンの大部分を域内に含む。州都はクエッタで、州内最大の都市でもある。

バローチスターン州
بلوچِستان


印章
国家  パキスタン
州都 クエッタ
設置 1970年7月1日
行政
  種別
  州知事 アマヌッラー・カーン・ヤシンザイ(Amanullah Khan Yasinzai)
  州首相 ジャル・カマル・ハーン(Jam Kamal Khan)
面積
  合計 347,190km2
人口
2011年推定)
  合計 13,162,222人
等時帯 UTC+5 (パキスタン時間)
ウェブサイト www.balochistan.gov.pk/

名称

州名のバローチスターンとは、「バローチ人の居住する土地」という意味である。

Provincial symbols of Balochistan (unofficial)
Provincial flag
Provincial seal
Provincial animal
Provincial bird
Provincial tree
Provincial flower
Provincial sport

歴史

1998年5月28日5月30日ナワーズ・シャリーフ首相兼国防大臣がパキスタンによる初の核実験チャガイ地区Ras Koh丘陵地下核実験施設で成功させた。

地理

バローチスターンの範囲(マゼンタ色)は複数国家に広がっている

西側でイランスィースターン・バルーチェスターン州)と、北側でアフガニスタンニームルーズ州ヘルマンド州カンダハール州ザーブル州パクティーカー州)と連邦直轄部族地域 (FATA)、東側でパンジャーブ州シンド州に境を接する。南側はアラビア海に面している。

バローチスターン州はイラン高原の東端に位置し、西南アジア、中央アジア、南アジアの境にある。パキスタンの最大の州 (347,190 km2 ) で、パキスタンの陸地面積の42%を占める。山がちな地形と水の不足のため人口密度はきわめて低いが、豊富な鉱物資源が眠っていると言われる。国内への天然ガスの主要な供給地でもある。

州都は北東部のクエッタで、州北東部の最も人口稠密な地域にあり、州内最大の都市である。クエッタはアフガニスタンとの国境に近い渓谷の街で、北西のアフガニスタンカンダハールとはスライマーン山脈ボーラーン峠を走る幹線道路で結ばれている。

カラート地区

クエッタより南方は中央部地域は、旧カラート藩王国のあったカラート地区(中心都市はカラート)として知られ、人口の疎らな砂漠地帯(ゲドロシア砂漠)で、ところどころ川沿いに町が点在している。

ハラーン地区

ハラーン地区で産出するブルッカイトBrookite)。

西部は、旧ハラーン藩王国のあったハラーン地区として知られている。

マクラーン地区、ラス・ベラ地区

オマーン湾アラビア海に面した歴史的マクラーンと呼ばれた地域は、南西部地域の旧マクラーン藩王国と南東部地域のラス・ベラ藩王国を経て、それぞれマクラーン地区ラス・ベラ地区として知られている。沿岸の港湾都市・グワーダルではパキスタン政府が中国の援助によって深海港であるグワーダル港が建設され、中国に運営権も譲渡された。これによって、パキスタン海軍に新たな基地が提供されるとともに、現在は国内唯二の主要港であるカラーチー港、カーシム港への依存の軽減も期待されている。

気候

北部高地の気候の特色は厳しい冬と酷暑である。南部高地の冬の気候は、北側では厳しいがマクラーン海岸近くの南側では穏やかである。夏は暑く乾燥し、特にチャガイやハーランの砂漠地帯では暑熱が厳しい。平野部では、夏は厳しく気温は日中50 °Cにも達するが、冬は穏やかで気温が氷点下になることはほとんどない。砂漠地帯では人を寄せ付けない強い砂嵐が吹くことがある。

住民と社会

バローチスターンの人口は約8百万人である。州内の主要言語は、バローチ語パシュトー語ブラーフイー語ペルシア語である。

カラート地区をはじめ州内には、インダス文明を担ったとされる多くのブラーフイー語話者が居住している。ペルシア語話者のデーワール族もカラート地区やイラン国境近くの西部地域に居住している。

バローチ族が南部と東部(マクラーン地区、ラス・ベラ地区)では多数派を成す。マクラーン海岸沿いには、多様なマクラーニー・バローチ族が居住している。

州都クエッタではパシュトゥーン族が多数派で、バローチ族、ハザーラ族パンジャービー族ブラフイ人などが少数派として生活している。

北部ではパシュトゥーン族も多い。また、パシュトゥーン人、タジク人ハザーラ人など多くのアフガニスタン難民も州内に居住している。

バルーチ民族主義運動(Baloch nationalism)というものもあり、ムジャーヒディーンを後援していたパキスタン政府に対抗するため、ソ連バルーチスターン解放軍(BLA)に対して援助を行っていた。過去の歴史から、パキスタンの分離独立を目指す動きもあり、反政府武装勢力としてバルーチスターン解放軍、バルチスタン解放戦線(BLF)、バルチスタン共和国軍(BRA)などが活動してきた。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.