バル街 (イベント)

バル街(ばるがい)は、チケット制の飲み歩き・食べ歩きイベントのこと。「バル街」の他に「街バル(まちばる)」、「街なかバル(まちなかばる)」、「バルチケ(ばるちけ)」、「バルチケット(ばるちけっと)」など、様々な名称があり、統一されていない。「バル」とはバール(bar)のことで、南ヨーロッパで簡易食堂や軽食喫茶店居酒屋などを指す言葉である。

イベントの主催者から前売りの飲食チケットを購入し、イベント開催期間中に複数のイベント参加店を、ハシゴして飲み歩き・食べ歩きする。

当イベントは、主に、地域、および、地域飲食店の活性化などの目的で、日本全国で開催されている。

発祥は、2004年函館西部地区で[1][2]、函館西部地区バル街実行委員会が商標登録をしている[3]

本州では伊丹市2009年に函館市で開催されている事例を参考に初めて開催された(「伊丹まちなかバル」)。年2回春秋実施の飲食店とまちの活性化を目指した食べ歩き・飲み歩きのイベントで、1枚のチケット(1冊5枚綴り)と引き換えにお店でドリンクとピンチョス(一品)を楽しめる。様々なジャンルのミュージシャン達がまちなかを演奏してまわる「伊丹オトラクな一日」も同時開催する[4]。 また、全国で広がっているバル街(イベント)の近畿圏の主催者同志の情報交換の場として「近畿バルネットワーク」が2011年に発足し、伊丹市内で「第1回近畿バルサミット」が開催された[5]

脚注

  1. 「バル街」は函館で始まりました - 函館西部地区バル街
  2. バル街とは - 立川バル街
  3. 商標出願・登録情報 - 商標出願・登録情報(詳細表示)|J-PlatPat
  4. ビタミンブック第3号 VITAMIN CITY WE WANT! p.68‐p.79  伊丹まちづくり会議刊 2015.4.1
  5. 神戸新聞 阪神地域版 2011.5.22

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.