バリスカン造山運動

バリスカン造山運動(Variscan orogeny)は、4-2億年前の古生代石炭紀)以降、ヨーロッパで起きた大規模な造山運動である。ヘルシニア造山運動とも呼ばれる。この造山運動によって形成された山脈は、バリスカン造山帯もしくはヘルシニア造山帯などと呼ばれる。この造山運動により、イギリス南部からフランスドイツにわたる地域とイベリア半島褶曲山脈が形成された。

石炭紀中期のヘルシニア造山帯の位置(灰色は現在の海岸線)[1][2]

出典

  1. Matte, P. (2001). “The Variscan collage and orogeny (480 ±290 Ma) and the tectonic definition of the Armorica microplate: a review”. Terra Nova 13 (2): 122–128. Bibcode: 2001TeNov..13..122M. doi:10.1046/j.1365-3121.2001.00327.x.
  2. Ziegler, P.A. (1990). Geological Atlas of Western and Central Europe (2 ed.). Shell Internationale Petroleum Maatschappij BV. ISBN 978-90-6644-125-5
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.