バラシクロビル

バラシクロビル (Valaciclovir) は、ヘルペスウイルス感染症治療薬(抗ウイルス薬)の1種である。グラクソ・スミスクラインから商品名バルトレックスが販売されている。

バラシクロビル
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
法的規制
  • S4 (豪州), POM 英国), ℞-only (米国)
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能55%
血漿タンパク結合13–18%
代謝肝臓アシクロビルに転換)
半減期<30分(バラシクロビル)
2.5-3.6時間(アシクロビル)
排泄腎臓 40–50%(アシクロビル)
糞便 47%(アシクロビル)
識別
CAS番号
124832-27-5
ATCコード J05AB11 (WHO)
PubChem CID: 60773
DrugBank APRD00697
化学的データ
化学式C13H20N6O4
分子量324.336 g/mol

薬理

バラシクロビルは、アシクロビル(商品名ゾビラックス等)のプロドラッグである。

バラシクロビルはアミノ酸の1種であるバリンカルボキシ基に、アシクロビルがエステル結合した形状をしている。小腸のペプチドトランスポーターであるPEPT1により吸収された後、肝臓でエステラーゼによってバリンと抗ウイルス作用を持つアシクロビルとに加水分解されて薬効を発揮する。したがって前提条件として肝不全状態でないことが求められる。

バリンとの結合によって体内への吸収率が高まることにより、経口アシクロビルより生体利用率が高くなっている。

効能

1型および2型単純ヘルペスウイルスおよび水痘・帯状疱疹ウイルスに対して活性を有する。 口唇ヘルペスや性器ヘルペスに代表される単純疱疹、あるいは帯状疱疹の発症時の他、再発を繰り返す性器ヘルペス患者に対して、症状の再発をあらかじめ抑制するための投与法の他、水痘に対しても承認されている。

参考文献

  • 田中千賀子、加藤隆一編集 『NEW薬理学 第6版』 南江堂 2011年 ISBN 9784524260881
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.