バス・テール島

バス=テール島(バス=テールとう、île de la Basse-Terre)とは、カリブ海小アンティル諸島にあるフランスグアドループ島を形成している島である。

バス=テール島

西側がバス=テール島
所在地 フランス
所在海域 カリブ海
座標 北緯16度09分00秒 西経61度40分00秒
面積 847.82 km²
海岸線長 180 km
最高標高 1 467 m
プロジェクト 地形

カリブ語en)で、『美しい水の島』を意味するカルケラ(Karukera)と呼ばれていた。

バステール島は西側にあり、すぐ隣にある東側のグランド・テール島とは狭い水路の川を挟んで、グアドループ島を結成している。火山性の山がちな島で、島の中央部は山岳地帯となっている。最高峰は標高1,467 mのスフリエール山。グアドループ国立公園(fr)がある。多くの温泉がわき出ている。海岸は火山性特有の黒色の海岸が多い。

中心地はグアドループの主都でもあるバステールである。

ヘラクレスオオカブトの原名亜種であるヘラクレス・ヘラクレスの著名な産地として知られるが、2016年現在は保護のため採集禁止となっている。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.