ハ長調

ハ長調
各言語での名称
英語 C major
独語 C-Dur
仏語 Ut majeur
伊語 Do maggiore
中国語 C大調
音階

全音を、半音を示す。
関係調
同主調 (Im) ハ短調
平行調 (VIm) イ短調
属調 (V) ト長調
属調平行調 (IIIm) ホ短調
下属調 (IV) ヘ長調
下属調平行調 (IIm) ニ短調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
半音下の調 ロ長調/変ハ長調
半音上の調 嬰ハ長調/変ニ長調

ハ長調(ハちょうちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、 (C) 音を主音とする長調である。

音階と和音

ハ長調の音階構成音
上行→下行123456787654321
自然長音階 C D E F G A B C B A G F E D C
和声的長音階 C D E F G A B C B A G F E D C
旋律的長音階 C D E F G A B C B A G F E D C

赤マスは一般に臨時記号により表される。

ハ長調の和音構成音(ダイアトニック・コード)
コードネーム C Dm Em F G Am Bm-5 CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5 G9
第9音 A
第7音 B C D E F G A F
第5音 G A B C D E F G A B C D E F D
第3音 E F G A B C D E F G A B C D B
根音 C D E F G A B C D E F G A B G
和音記号 IIIIIIIVVVIVII I7II7III7IV7V7VI7VII7V9

和音は自然長音階で考えたもの。
VIIの和音 (Bm-5) V7 (G7) の、VII7の和音 (Bm7-5) はV9 (G9) の根音を省略した形とみなされることがある。
その他のコードネームも実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴

シャルパンティエはこの調について「陽気で勇壮」と述べている。マッテゾンは「かなり荒削りで大胆な性質を有している」と述べている。素朴で安定感があるとされる。

18世紀初期に管のトランペットが考案されて以降、19世紀初期にかけて、トランペットとティンパニが使える調ということから従来からのニ長調に次いで祝賀的行事向けに盛んに書かれた。このことから、オペラの序曲や管弦楽で好まれた調である。

楽譜上、ハ長調の曲は調号を用いないため、読譜が容易である。また、多くの楽器運指が容易であるという理由で、改作を含む演奏初心者のための曲にはこの調が多く用いられている[1]

しかしながら、ピアノを使って弾く場合、すべての指が同一平面上に置かれるハ長調の音階は、支点が全く無いので運指が最も難しい。打鍵のために長い人指し中薬各指を無理に曲げなければならず、脱力を旨とする高速演奏には当然不向きである。

弦楽器の内、ヴァイオリンでは開放弦にハ音が使われていない。イ短調の平行長調として活用するのが演奏実技上無理がない。しかしヴィオラチェロ等では最低音にハ音がありハ長調について調整する必要がない。ギターではコードが開放弦を中心に構成され、ギター初心者にとっての難関とされるバレーコードの使用率が少ない(ただし4度にあたるFは多用される)ため、運指が容易であり、ホ短調と共に好まれる傾向にある。

管楽器は変ロを中心とするのも多く、ここでもハ長調演奏には工夫が必要である。こうした人間工学的な配慮をする楽器も歴史的に数多あったが作製者の時代が過ぎると廃されるものもまた多く、その原因については究明されていない。木管ダブルリード属オーボエバスーン(発明当初よりハ管)が良く響く調である。19世紀中期までの管弦楽ではハ長調の曲で使用するナチュラルホルンの種類によって、低いハ長調と高いハ長調の二種類があった。通常は低いハ長調であって、バッソのハ管を使用した。重厚で渋い響きが特徴である。アルトのハ管は音域が高く、高次倍音が出しにくいので滅多に用いられなかった。

ハ長調から最も遠い長調(遠隔調)は嬰ヘ長調または変ト長調でともに調号を6箇所使う。

脚注

  1. そのため初心者用や義務教育用の音楽教材の中には、別の調で作曲されたものを編曲する際にこの調を基準として書き直したものがよく見られる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.