ハルダンゲルフィヨルド

ハルダンゲルフィヨルドノルウェー語: Hardangerfjorden)は、ノルウェーホルダラン県にあるフィヨルドである。ハダンゲルフィヨルド[1]ハルダンゲル峡湾[2]とも表記される。

ハルダンゲルフィヨルド
Hardangerfjorden
ハルダンゲルフィヨルド
場所

 ノルウェー ホルダラン県

ハルダンゲルフィヨルド
ハルダンゲルフィヨルド (ホルダラン県)
ハルダンゲルフィヨルド
ハルダンゲルフィヨルド (ノルウェー)
座標 北緯60度24分4.7秒 東経6度26分12.7秒
全長 179 km
2 - 6 km
面積 約 700 km2
深さ 約 890 m

概要

全長は、およそ 179 キロメートルである[3]。ノルウェーのフィヨルドの中でソグネフィヨルドに次いで2番目に大きいフィヨルドであり、世界で3番目の大きさをもつ[4][1]。2013年には、ハルダンゲル橋が開通している[5]

シーマ水力発電所

ベルゲンの南およそ 80 キロメートルのところに位置する Huglo 島の付近にある入口を西南端として、北東の方向に伸びている[6][4]。フィヨルドの主要な部分は 2 - 6 キロメートルの幅をもつ[4]。総面積は、およそ 700 平方キロメートルである[4]

世界有数のサケの養殖地であり、1年当たりの生産量は、およそ7万トンに及ぶ[3]。フィヨルド内には複数の海盆が存在し、平均深さは海面下 260 メートルであり、最深部は海面下およそ 890 メートルである[4][3]

地理

フィヨルドの最奥部のエイドフィヨルド (no:Eidfjorden) には、シーマ水力発電所 (en:Sima Hydroelectric Power Station) の他に、ヴォーリングフォッセン (en:Vøringfossen) やエイドフィヨルド教会 (en:Old Eidfjord Church) がある[3][7][8]

ハルダンゲル民族博物館

ヴォーリングフォッセンの西およそ7キロメートルほどのところには、ノルウェー自然センター (en:Hardangervidda Natursenter) がある[9][10]。エイドフィヨルドの南にある Sørfjorden は、ハルダンゲルフィヨルドの支湾の中で最も長く、38 キロメートルの長さをもつ[3]。Sørfjorden の南端には、オッダがある[6]

ウトネ (en:Utne) にあるハルダンゲル民族博物館 (no:Hardanger Folkemuseum) では、ハルダンゲルヴァイオリンハーダンガー刺繍などが展示されている[11]。ハルダンゲルフィヨルドの西の縁には Onarheimsfjorden があり[4]、南には SkånevikfjordenÅlfjorden などがある[3]。沿岸の町としては、ローセンダール (en:Rosendal, Norway)、ユンダル (en:Jondal) などがある[12]。ノールハイムスン (en:Norheimsund) には、スタインダルスフォッセン (en:Steinsdalsfossen) がある[13][10]

脚注

  1. 鐙麻樹. ノルウェーのハダンゲルフィヨルド観光と癒しの村紀行”. オールアバウト. 2019年9月22日閲覧。
  2. 佐渡大埼灯台”. 海上保安庁. 2019年9月22日閲覧。
  3. PA˚ L BUHL-MORTENSEN, LENE BUHL-MORTENSEN (2013年10月15日). Diverse and vulnerable deep-water biotopes in the Hardangerfjord”. Institute of Marine Research. 2019年9月22日閲覧。
  4. LB Sjetne (2017年6月). Organic carbon accumulation in Hardangerfjorden”. オスロ大学. 2019年9月22日閲覧。
  5. 芹澤和美 (2016年5月9日). ノルウェーのフィヨルドに架かる橋が 利便性以外にもたらした副産物とは?”. 文藝春秋. 2019年9月22日閲覧。
  6. P A Heuch 他. Temporal and spatial variations in lice numbers on salmon farms in the Hardanger fjord 2004–06”. ストラスクライド大学. 2019年9月22日閲覧。
  7. 鐙麻樹. ノルウェーのフィヨルド観光、アイフィヨルド村への旅”. オールアバウト. 2019年9月22日閲覧。
  8. “フィヨルドの恵み 水力自在〈創エネ省エネ〉”. 朝日新聞. (2012年11月29日). http://www.asahi.com/special/energy/intro/TKY201211280643.html 2019年9月22日閲覧。
  9. ノルウェー自然センター”. ノルウェー自然センター. 2019年9月22日閲覧。
  10. 『地球の歩き方 北欧』 2017, p. 250.
  11. 鐙麻樹. ノルウェーデザインを伝えるハダンゲル民族博物館”. オールアバウト. 2019年9月22日閲覧。
  12. Ingrid Askeland Johnsen (2011年11月). Dispersion and abundance of salmon lice (Lepeophtheirus salmonis) in a Norwegian fjord system”. ベルゲン大学. 2019年9月22日閲覧。
  13. 鐙麻樹. ノルウェーのハダンゲルフィヨルド観光と癒しの村紀行”. オールアバウト. 2019年10月26日閲覧。

参考文献

  • 「地球の歩き方」編集室(編集)『地球の歩き方 北欧 2017〜2018年版』ダイヤモンド・ビッグ社、2017年6月。ISBN 978-4-478-06052-0。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.