ハリガネゴケ

ハリガネゴケBryum capillare)は、蘚類に分類されるコケ植物。世界中で普通に見られる汎存種である。

ハリガネゴケ
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
: マゴケ目 Bryales
: ハリガネゴケ科 Bryaceae
: ハリガネゴケ属 Bryum
: ハリガネゴケ B. capillare
学名
Bryum capillare
Hedw.
和名
ハリガネゴケ
英名
Capillary Thread-moss[1]

分布

日本を含む世界中に分布。やや酸性の土壌に生育するとされるが[1]、岩の上や木の根元、屋根の上などにふつうに生育している[2]

形態

葉身細胞

茎は長さ1-3cm[1]。葉は倒卵形で先が尖る[2]。葉の長さは2-5mm[1]

雌雄異株[3]。春から夏にかけて胞子体を形成する。胞子体は約3cmの赤い蒴柄をもち、その先端にがつく[1]。蒴は円筒形で[2]、長さは3.5-5mm[1]。蒴ははじめ緑色であるが、次第に赤色に着色する[3]

利用

市街地などでも普通に生育している上、胞子体などが大きく成長するため、胞子体などの観察を行う際の教材に適した種であるとされる[3]

脚注

  1. Atherton et al. (2010) p.586
  2. 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.113
  3. 畦浩二(2001)「ハリガネゴケ(コケ植物)の植物季節学的研究」生物教育 42(2) 42-49

参考文献

  • Ian D.M. Atherton, Sam D. S. Bosanquet, Mark Llawley (2010) Mosses and Liverworts of Britain and Ireland: A Field Guide. British Bryological Society ISBN 978-0-95613101-0
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.