ハマグリ属

ハマグリ属(ハマグリぞく、Meretrix)は、二枚貝綱マルスダレガイ科の1属である。属のタイプVenus meretrix Linnaeus,1758。

ハマグリ
ハマグリの中型・小型個体。熊本県産。
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: マルスダレガイ科 Veneridae
亜科 : ハマグリ亜科 Meretricinae
: ハマグリ属 Meretrix
学名
Meretrix
Lamarck, 1799
タイプ種
Venus meretrix
Linnaeus,1758
本文参照

特徴

殻は大型で硬く、表面は平滑。内側に真珠層は無く白色を呈する。丸みを帯びた三角形をしており、特に前縁が丸く、後背縁はゆるやかに湾曲する。後端は狭くなるとともに殻頂は高まる。小月面や盾面を欠く。主歯・前側歯を持つ。套線湾入は浅い[1]

  • シナハマグリ Meretrix petechialis (Lamarck, 1818)
    朝鮮半島・中国ベトナム・日本(移入)。 日本国内に輸入され、広く食用とされている。
  • チョウセンハマグリ Meretrix lamarckii Gray, 1853
    日本房総半島以南の本州・四国・九州・沖縄)・台湾・朝鮮半島・中国の潮間帯から水深 20m 程度の砂泥底に分布。ハマグリに似るがより三角形に近く、大型で殻も厚い。また、ハマグリほど殻表面の模様が発達しない[2]。日本国内で食用とされてきたが、漁獲量は減っている。
  • ハマグリ Meretrix lusoria (Röding, 1798)
    日本(本州・四国・九州)・台湾・朝鮮半島・中国の潮間帯から水深 20m 程度の砂泥底に分布[2]。大型で、殻長 8.5cm に達する。殻の色および模様は白色・栗褐色・黒褐色など変化に富む[1]。標準和名のハマグリは本種を指す。チョウセンハマグリやシナハマグリも一般にハマグリと呼ばれて日本国内で流通している。 後述の千葉県レッドデータブックに掲載されているのも本種である。
  • Meretrix attenuata Dunker, 1862 - ベトナム
  • Meretrix casta (Chemnitz, 1782) - タイからインド
  • ミスハマグリ Meretrix lyrata (Sowerby II, 1851) - ベトナム?
  • タイワンハマグリ Meretrix meretrix (Linnaeus, 1758) - 台湾からフィリピン
  • Meretrix ovum (Hanley, 1845) - タイからインド
  • Meretrix planisulcata (Sowerby II, 1851) - タイ
  • トゥドゥマリハマグリ Meretrix sp. - 日本(西表島トゥドゥマリ浜)
  • ハンボリハマグリ Meretrix sp. lyrata auct. - ベトナム(波静かな砂地)M. lyrata とは別種という[3]
  • Meretrix sp. - 台湾からベトナム M. lyrata とは別種という。

さらに複数種が東南アジアからインドを中心に生息するが、未記載種などもあって分類は未整理とされる[4]

漁獲

昭和後期からハマグリの全国的な減産にともない、中国大陸朝鮮半島から別種のシナハマグリMeretrix petechialis)が大量に輸入されるようになった。(JAS法における産地の表示は、生育期間が長いほうを表示するように義務づけられており)、輸入されたシナハマグリは、日本の浅海域で一時畜養されても「国産」「-県産」や「地はまぐり」などの表記はできない。しかし、たとえば三重県桑名市などでは輸入したシナハマグリを海に3か月ほど浸け(これを畜養と呼ぶ)国産として出荷するなどしていた例があるが、このような外国産の畜養品を国産と呼ぶのはJAS法違反となる[5].。しかし2009年には、やはり中国産のシナハマグリを国産と偽った水産業者が逮捕されるなどの産地偽装事件が起こっている[6][7]

その他、これら輸品が潮干狩り場で撒かれたりもしていることから、実際に見られる「ハマグリ」のほとんどはこのシナハマグリである[8][9]

千葉県レッドデータブックでは、標準和名のハマグリは野生絶滅(EX)[10]であり、現在千葉県で産するのは、九十九里浜産のチョウセンハマグリ、または潮干狩りのために放流されたシナハマグリである。

三重県産のものも「その手は桑名の焼きはまぐり」の地口などで古くから有名だが、現在「桑名産」は数十トン前後である。桑名産ハマグリの復活へ向けて、人工干潟の造成などの取り組みが行われている[11]。四日市・楠の輸入シナハマグリは出荷日本一である。

茨城県産のものも「ハマグリ」として売られているが、これはチョウセンハマグリ (Meretrix lamarckii) という外海の砂浜を生息場所とする別種で、和名には「朝鮮」がついているが、輸入品ではなく鹿島灘などを主要産地とする在来種である。市場では「地蛤(じはまぐり)」や「鹿島灘はまぐり」の名で流通することが多い。

このほか缶詰や剥き身などの加工食品にはベトナム産のハンボリハマグリ(しばしばミスハマグリ Meretrix lyrata と呼ばれるが別種とされる)なども多く使用されている[12]

統計

日本における「ハマグリ類」の漁獲高の推移を示す。この統計の「ハマグリ類」にはハマグリ、チョウセンハマグリ、シナハマグリ等が含まれる(漁業・養殖業生産統計「農林水産省」)。

漁獲高(トン)
1920年 7103
1930年 5629
1940年 3940
1950年 (欠測)
1960年 15847
1970年 4955
1980年 1910
1990年 2251
2000年 1543

歴史

ハマグリにまつわる話で、具体的な内容が記されているものとしては、奈良時代常陸国風土記に登場する、大櫛(国の史跡に指定されている水戸市大串貝塚)の蛤の話(ダイダラボウの話)が古く、常陸の鹿島灘に生息するチョウセンハマグリは日本古来の蛤の一種として、古くから「ハマグリ・はまぐり・蛤」と呼ばれていたことが確認できる。

工業利用

碁石の白石の原料にチョウセンハマグリの大型半化石を用いる[13]日向はまぐり碁石の記事参照。

脚注

  1. 相模湾産貝類 p647
  2. 相模湾産貝類 p648
  3. 小菅丈治「ベトナム産ハンボリハマグリの諸特徴, 特に北部ベトナムへの移入について」『ちりぼたん』Vol.36、No.4、pp. 132–135、2006年
  4. 熊谷毅・小澤智生、Meretrix 属(Heterodonta; Veneridae)の分子系統学的解析(日本貝類学会平成 13 年度大会(東京)研究発表要旨)」『Venus』Vol.60、No.1-2、 pp.107-108、2001年
  5. 厚生労働省医薬食品局基準審査課/農林水産省消費・安全局表示・規格課(2003年7月4日プレスリリース). 第7回「食品の表示に関する共同会議」の議事概要について
  6. 農林水産省(2009年3月25日プレスリリース).産情報公表JAS規格制度等を悪用した大分県産はまぐりの産地偽装に対する措置について.
  7. 読売新聞(2009年5月21日)中国産ハマグリを「大分産」…水産加工社長ら3人逮捕.
  8. 侵略とかく乱の果てに 神奈川の移入生物 - 神奈川県立生命の星・地球博物館
  9. シナハマグリ(支那蛤) - 愛知県食品衛生検査所
  10. 千葉県レッドデータブック(動物編) - 生物多様性センター
  11. 「桑名市」桑名産ハマグリ復活への取り組み - 桑名市
  12. 「白はまぐり」の正体は? - 東邦大学理学部東京湾生態系研究センター
  13. 日向特産 はまぐり碁石ができるまで - 日向はまぐり碁石まつり - 日向市ホームページ

参考文献

  • 『相模湾産貝類』生物学御研究所、丸善、1971年。ISBN 4-621-01217-7。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.