ハプログループO (Y染色体)

ハプログループO (Y染色体)(ハプログループO (Yせんしょくたい)、英: Haplogroup O (Y-DNA))とは分子人類学において人類の父系を示すY染色体ハプログループ(型集団)の分類で、ハプログループNOの子型で「M175」以下の系統に位置すると定義されるものである。東アジア及び東南アジアで最も一般的に見られる系統であり、西ユーラシア系のハプログループRと並んで現代人類において最も帰属人口の多いY染色体であると考えられている。

ハプログループ O (Y染色体)
推定発生時期 36,800年前[1]
41,900年前[2]
44,700年前[3]
推定発生地 中国
現存下位系統の
分岐開始年代
31,500年前[1]
34,042年前[2]
35,000年前[3]
親系統 NO
子系統 O1O2
定義づけられる変異 M175, P186, P191, P196
高頻度民族・地域 東アジア東南アジア

概要

ハプログループOに関連する民族移動

Y染色体ハプログループOは、おおよそ4万年前(Karmin et al. 2015によれば41,900年 [95% CI 40,175年 <-> 43,591年]前[2]、Poznik et al. 2016によれば44,700年前[3]、YFull YTree v6.01 (04 January 2018)によれば36,800年 [95% CI 34,300年 <-> 39,300年]前[1])にハプログループNと血筋が分かれた。

現存のハプログループO(即ちO1-F265とO2-M122)の最も近い共通祖先は同じくKarmin et al. 2015によれば34,042年 [95% CI 32,387年 <-> 35,708年]前[2]、Poznik et al. 2016によれば35,000年前[3]、YFull YTree v6.01によれば31,500年 [95% CI 29,600年 <-> 33,400年]前[1]に生きたとされる。

華北平原長江流域などの豊かな地域を中心に、多岐に渡るサブグループを産み出し、これらの地域から東アジアや、東南アジアからポリネシアに至るまで広範囲に拡散したと考えられている。[4]

大きくO1O2に大別される。[5] 約三万年前頃までにはO1a-M119, O1b1-K18, O1b2-M176, O2a-M324, O2b-F742という五つの古い系統に分かれていたと推定されている。[1][2][3]

下位系統

下位系統と語族の関連

SinoAustric O 
 SinoMien O2(旧O3) 
 シナ・チベット語族 (OM134) 

 シナ語派 

 チベット・ビルマ語派 (O-M117) 

 モン・ミエン語族 (OM7) 

 ミャオ語派 

 ヤオ語派 

 オーストリック大語族 O1(OF75) 
 AustroWa  O1b(旧O2) 
 O1b1(旧O2a) 

 オーストロアジア語族 

 O1b2(旧O2b) 

 弥生人倭人)の言語 

 オーストロ・タイ語族 O1a(旧O1) 

 オーストロネシア語族 

 タイ・カダイ語族 

脚注

  1. YFull Haplogroup YTree v6.01 at 04 January 2018
  2. Monika Karmin, Lauri Saag, Mário Vicente, et al., "A recent bottleneck of Y chromosome diversity coincides with a global change in culture." Genome Research 2015 Apr;25(4):459-66. doi: 10.1101/gr.186684.114. Epub 2015 Mar 13.
  3. G. David Poznik, Yali Xue, Fernando L. Mendez, et al., "Punctuated bursts in human male demography inferred from 1,244 worldwide Y-chromosome sequences." Nature Genetics 2016 June ; 48(6): 593–599. doi:10.1038/ng.3559.
  4. Shi Yan, Chuan-Chao Wang, Hui Li et al., "An updated tree of Y-chromosome Haplogroup O and revised phylogenetic positions of mutations P164 and PK4." European Journal of Human Genetics (2011) 19, 1013–1015.
  5. Shi Yan, Chuan-Chao Wang, Hong-Xiang Zheng et al. (2013), "Y Chromosomes of 40% Chinese Are Descendants of Three Neolithic Super-grandfathers." E-print at arXiv:1310.3897 [q-bio.PE].
  6. Cristian Capelli et al 2001, A Predominantly Indigenous Paternal Heritage for the Austronesian-Speaking Peoples of Insular Southeast Asia and Oceania
  7. 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  8. Manfred Kayser, Ying Choi, Mannis van Oven, Stefano Mona, Silke Brauer, Ronald J. Trent, Dagwin Suarkia, Wulf Schiefenhövel, and Mark Stoneking (2008), "The Impact of the Austronesian Expansion: Evidence from mtDNA and Y Chromosome Diversity in the Admiralty Islands of Melanesia." Mol. Biol. Evol. 25(7):1362–1374. doi:10.1093/molbev/msn078
ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム (Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J K1 K2
L T MS NO P K2*
N O Q R
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.