ハシボソカモメ

ハシボソカモメ(嘴細鴎、学名:Larus genei)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

ハシボソカモメ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ハシボソカモメ L. genei
学名
Larus genei
Brème, 1839
和名
ハシボソカモメ
英名
Slender-billed Gull
Chroicocephalus genei

分布

地中海西部から中央アジア、ペルシャ湾沿岸からパキスタンにかけての地域で繁殖し、冬季は繁殖地付近にとどまるものと、地中海や紅海沿岸に渡り越冬するものに分かれる。

日本では、迷鳥として福岡県で記録されている。福岡県では1984年から1992年までほぼ毎年1-2羽が渡来していた。

形態

体長約43cm、翼開長約100cm。体色はユリカモメと似ているが、やや大きい。成鳥冬羽は頭部が白く、胸と腹はややピンク色を帯びた白色である。体の上面は淡い青灰色。成鳥夏羽は体の下面がよりピンク色がかっている。雌雄同色である。

頭部はユリカモメに比べるとなだらかな感じで、嘴が細長い。

生態

海岸や河口に生息する。

「アーッ」「アアアア」と鳴く。

Sibley分類体系上の位置

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献

  • 『日本の鳥 550 水辺の鳥』、文一総合出版
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.