ハザードシンボル

ハザードシンボル英語: Hazard symbol)とは、危険物または危険な場所について警告するために設計された、容易に認識できる標識である。ハザードシンボルは標準組織によって制定され、使用は法律によって管理される。ハザードシンボルでは、異なる色・背景・境界・補足情報を用いて危険のタイプを識別させる。

標準的なハザードシンボル

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています。
Name Symbol Unicode Image
毒性U+2620
注意U+2621
放射能U+2622
電離放射線N/AN/A
非電離放射線N/AN/A
バイオハザードU+2623
警告U+26A0
高電圧U+26A1
磁場N/AN/A
化学兵器
(米軍)[1]
N/AN/A
レーザーN/AN/A
光線N/AN/A
津波N/AN/A

放射能標識

Radioactivity
The early Radioactive trefoil. (1946)

国際的な放射能標識は、1946年カリフォルニア大学バークレー校のバークレー放射線研究所(現ローレンス・バークレー国立研究所)で発明された。当時は、の背景にマゼンタの配色が採用されるはずだった(右の図を参照)[2]。現在のバージョンでは、黄色の背景にの配色が採用されている。そして、半径Rの中心円と、内部が半径1.5Rと外部が半径5Rの60°ずつに区切られた葉が描かれている[3]

Radioactivity

IAEAISOは、2007年2月15日に従来の三つ葉のシンボルを補うために新しい電離放射線のシンボルを発表した。新しいシンボルは、将来、電離放射線および従来の警告標識に関する知識が失われた場合を想定し、電離放射線の多量な発生源に近いことの潜在的な危険性を警告することを目的としている[4]

欧州連合のハザードシンボル

欧州連合加盟国に輸出する物にはDirective 67/548/EECで定められたハザードシンボルを表示する義務がある。

脚注

  1. en:Weapon_of_mass_destruction#Common_hazard_symbols
  2. Origin of the Radiation Warning Symbol (Trefoil) (英語). 2008年2月22日閲覧。
  3. Biohazard and radioactive Symbol, design and proportions (pdf)” (英語). 2008年2月22日閲覧。
  4. このシンボルはISO 21482:2007に含まれている。ISO規格書は著作権で保護されており、ISO自体またはそのメンバーから入手することができる(を参照)。ISOではこの情報の正確性・妥当性については検証していない。New Symbol Launched to Warn Public About Radiation Dangers”. 2007年2月15日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.