ハインリヒ・カイザー

ハインリヒ・グスタフ・ヨハネス・カイザードイツ語: Heinrich Gustav Johannes Kayser1853年3月16日 - 1940年10月14日)は、ドイツ物理学者および分光学者[1]王立協会外国人会員[2]

ハインリヒ・カイザー
生誕 ハインリヒ・グスタフ・ヨハネス・カイザー
(1853-03-16) 1853年3月16日
ビンゲン・アム・ライン
死没 1940年10月14日(1940-10-14)(87歳)
ボン
国籍 ドイツ
研究分野 物理学分光学
研究機関 王立工業学校ハノーファー
ボン大学
出身校 ゾフィー・ギムナジウムベルリン
ストラスブール大学
ベルリン大学
博士課程
指導教員
ヴィルヘルム・レントゲン
主な業績 地球の大気に含まれるヘリウムの発見
電磁スペクトル
カイザー単位
影響を
受けた人物
ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ
グスタフ・キルヒホフ
カール・ルンゲ
プロジェクト:人物伝

生涯

カイザーは1853年ビンゲン・アム・ラインで生まれた。彼の初期の研究は音波、特に音波方程式の特徴に関するものが多い[3]1868年日食中の太陽放射スペクトル観測で新しいスペクトル線を発見、地球の大気ヘリウムが含まれることを証明した。1881年、カイザーは「吸着」(: Adsorption)という新語を造った。またカール・ルンゲと一緒に化学元素スペクトルを研究した[4][5][6]。1886年に国立科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選出され、また王立協会フェローでもある。1894年から1920年までボン大学の教授であり、その間の1905年に電子理論についての論文を出版した[7]。1940年、ボンで亡くなった。

CGS単位系波数単位であるカイザーは彼の姓にちなんだものである。また、小惑星10509番は2000年3月に彼を記念してハインリヒ・カイザーと名付けられた。

著作

  • Lehrbuch der Physik für Studierende. Enke, Stuttgart 3rd ed. 1900 Digital edition by the University and State Library Düsseldorf

脚注

  1. Matthias Dörries and Klaus Hentschel (eds.), Heinrich Kayser, Erinnerungen aus meinem Leben. Institut für Geschichte der Naturwissenschaft, Munich, 1996. ISBN 3-89241-019-4.
  2. Herzberg, Gerhard (1955). “Heinrich Kayser 1853-1940”. Biographical Memoirs of Fellows of the Royal Society 1: 135–126. doi:10.1098/rsbm.1955.0010.
  3. Mulligan, Joseph F. (January 1992). Doctoral oral examination of Heinrich Kayser, Berlin, 1879. American Journal of Physics. 60(1): 38.
  4. Kayser, Heinrich, and C. Runge. (1890). Über die Spectren der Alkalien. Annalen der Physik 277(10): 302-320.
  5. Kayser, H., & Runge, C. (1892). Über die Spektra der Elemente. Berliner Akademie, 1892.
  6. Kayser, Heinrich, and Carl Runge. (1893). Uber die Spectren der elemente. Verlag der Könogl. Akademie der Wissenschaften.
  7. Kayser, Heinrich. (1905). Die elektronentheorie. DC Heath & Company.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.