ノギラン

ノギラン(芒蘭、学名:Metanarthecium luteoviride)はキンコウカ科ノギラン属多年草[5]。古い分類体系の新エングラー体系クロンキスト体系では、ユリ科に分類された[1]

ノギラン
福島県会津地方 2012年7月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ヤマノイモ目 Dioscoreales
: キンコウカ科 Nartheciaceae
: ノギラン属 Metanarthecium
: ノギラン M. luteoviride
学名
Metanarthecium luteoviride Maxim.[1]
シノニム
  • Metanarthecium luteoviride Maxim. var. yakusimense Masam.[2]
  • Aletris luteoviridis (Maxim.) Franch.[3]
和名
ノギラン(芒蘭)[4]

特徴

は束生して10個ほどの根出葉になる。葉身は倒披針形で、長さ8-20cmになり、先端はとがる[6][7]

花期は6-8月。根出葉の間から高さ20-50cmになる花茎を伸ばし、総状花序をつけ、やや多数のがつく。花茎には葉がつかない。花にはがあり、長さ2-4mmの短い花柄がある。花被片は黄緑色で、長さ6-8mmの線状披針形になり、上向きに咲き、花後も落ちない。雄蕊は6個あり、花被片より短く、花糸は無毛。子房は中位で3室あり、各室に多数の胚珠があり、柱頭は3裂する。果実蒴果で長楕円形になり、花被片より短い。種子は長さ0.7mmほどの卵形になる[5][6][7]

分布と生育環境

南千島、北海道、本州、四国、九州、韓国に分布し、山地に生育する[5]

ギャラリー

下位分類

  • ヤクシマノギランMetanarthecium luteoviride Maxim. var. nutans Masam.[8] - ノギランの矮小型で、花柄が長く総状花序になる傾向が多い[6]

脚注

  1. ノギラン 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ノギラン 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ノギラン 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  4. 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.49
  5. 『改訂新版 日本の野生植物1』pp.141-142
  6. 『日本の野生植物 草本I単子葉類』p.29
  7. 『山溪カラー名鑑 日本の野草』p.603
  8. ヤクシマノギラン 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本I単子葉類』、1982年、平凡社
  • 林弥栄編『山溪カラー名鑑 日本の野草』、1983年、山と溪谷社
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 1』、2015年、平凡社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.