ネコ亜科

歴史的には、現生ネコ科系統を2~3亜科に分類した1つだった。しかし現在では、現生ネコ科全体がネコ亜科に分類される[1][2](ネコ科には他に絶滅亜科がある)。

ネコ亜科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: 食肉目 Carnivora
: ネコ科 Felidae
亜科 : ネコ亜科 Felinae
学名
Felinae G.Fischer, 1817

ネコ亜科 (ネコあか、Felinae) は、ネコ科に属す1亜科である。

歴史的なネコ亜科

2亜科説・3亜科説でのネコ亜科は、多くは小型から中型であるが、ピューマやチーター(チーターは2亜科説の場合のみ)のような大型の種も含まれる(ただし「大型ネコ科」の中では比較的小型なものまでにとどまる)。

最も古いネコ亜科の記録は、中新世の終わりに西ユーラシアで登場した Felis attica である。

3亜科説で属した種

属分類・種分類は現在のものを使う。

2亜科説で追加される種

3亜科説ではチーター亜科に分類される。

出典

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.