ニトロフラン

ニトロフラン: Nitrofurans)は、フラン環ニトロ基が結合した有機化合物の総称。抗生物質抗菌剤として利用される。

ニフラテル

主なニトロフラン類

主なニトロフラン類には、下記のようなものがあげられる。

規制

ニトロフラゾン、ニトロフラントイン、フラゾリドン及びフラルタドンは動物用医薬品として細菌性感染症の治療に用いられるが、食用動物へは日本および欧州連合では上記4種類、アメリカ合衆国ではニトロフラゾンとフラゾリドンの使用が禁止されている[1]。日本の法令では、『食品において「不検出」とされる農薬等の成分である物質』に指定され、一日摂取許容量は定められていない。分析には、代謝生成物であるAOZ、AHD、AMOZおよびセミカルバジドを対象とするが、セミカルバジドは食品容器の添加剤に由来するケースもある[2]。2007年度の調査では、中国台湾ウナギベトナムインドネシアエビインドベルギー加工卵からの検出例がある[3]

脚注

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.