ニクロサミド

ニクロサミド(Niclosamide)は商標名のニクロシド(Niclocide)で売られているサナダムシの駆虫に使用される医薬品である[2]裂頭条虫症ヒメノレア症テニヤ条虫症に対して効果がある[2]。その他のぎょう虫感染症または線形動物に対しては効果がない[3]。経口薬である[2]

ニクロサミド
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Niclocide, Fenasal, Phenasal, others[1]
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
識別
CAS番号
50-65-7 
ATCコード P02DA01 (WHO) QP52AG03 (WHO)
PubChem CID: 4477
DrugBank DB06803 
ChemSpider 4322 
UNII 8KK8CQ2K8G 
KEGG D00436  
ChEMBL CHEMBL1448 
化学的データ
化学式C13H8Cl2N2O4
分子量327.119 g/mol
物理的データ
融点225 - 230 °C (437 - 446 °F)

副作用は吐き気、嘔吐、腹痛、便秘、かゆみがあげられる[2]妊娠中でも服用が可能であり、胎児への影響はなく安全とされる[2]。ニクロサミドは駆虫薬に分類される[3]。条虫への糖分の吸収を妨ぐことにより効果がある[4]

ニクロサミドが発見されたのは1958年である[5]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度で必要とされる医薬品である[6]開発途上国での一貫の治療に使われる薬の卸値は約$0.24米ドルである[7]。アメリカでは、一般販売されていない[3]。他の多くの動物に効果的である[4]

出典

  1. CID 4477 - PubChem
  2. WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). pp. 81, 87, 591. ISBN 9789241547659. オリジナルの2016-12-13時点におけるアーカイブ。. http://apps.who.int/medicinedocs/documents/s16879e/s16879e.pdf
  3. Niclosamide Advanced Patient Information - Drugs.com”. www.drugs.com. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  4. Jim E. Riviere; Mark G. Papich (13 May 2013). Veterinary Pharmacology and Therapeutics. John Wiley & Sons. p. 1096. ISBN 978-1-118-68590-7. オリジナルの10 September 2017時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=xAPa4WDzAnQC&pg=PA1096
  5. Mehlhorn, Heinz (2008) (英語). Encyclopedia of Parasitology: A-M. Springer Science & Business Media. p. 483. ISBN 9783540489948. オリジナルの2016-12-20時点におけるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Jpg1ysgVn-AC&pg=PA483
  6. WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  7. Niclosamide”. International Drug Price Indicator Guide. 2017年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.