ドリール度

ドリール度(ドリールど、記号 °D)は、フランスの天文学者ジョゼフ=ニコラ・ドリル(1688 - 1768)によって発明された温度目盛である。

それはルネ・レオミュールのものと似ている。

ドリルは“Mémoires pour servir à l'histoire et aux progrès de l'Astronomie, de la Géographie et de la Physique” (1738) の著者である。

概要

ドリルはピョートル大帝によりロシアに招かれた。1732年に流体として水銀を使った温度計を作った。ドリルは、沸騰水の温度を固定ゼロ点とし、水銀の収縮する方向に(低い温度に向け)増える尺度を持つ目盛を選んだ。摂氏目盛も元は同様に、水の沸点をゼロ度とし凝固点を100度としていた。これは、彼の死後しばらく経って後の、セルシウスが使っていた温度計の多くを製造していたスウェーデンの実験器具製造者ダーニエル・エークストレーム: Daniel Ekström)の主導による現代的な順序とは逆であった。

ドリール温度計は通常サンクトペテルブルクの冬にふさわしい2400の目盛りを持っていた。1738年にドイツ出身の医学・解剖学教授ヨージアス・ヴァイトブレヒト(ヨーシヤ・ヴェイドブレフト、: Josias Weitbrecht: Иосия Вейтбрехт 1702 - 1747)はドリール温度計を水の沸点を0度、凝固点を150度とするよう再構成した。ドリール温度計はロシアで約100年の間だけ使われた。

一覧表

ドリール度から他の単位への換算公式
ドリール度から ドリール度へ
セルシウス度 [°C] = 100  [°De] × 23 [°De] = (100  [°C]) × 32
ファーレンハイト度 [°F] = 212  [°De] × 65 [°De] = (212  [°F]) × 56
ケルビン [K] = 373.15  [°De] × 23 [°De] = (373.15  [K]) × 32
ランキン度 [°R] = 671.67  [°De] × 65 [°De] = (671.67  [°R]) × 56
温度の間隔は以下のようになっている。
1 °De = 23 °C = 1.2 °F
他の温度の単位への換算

ドリール度Deと摂氏度Cの関係は以下の通り。

温度の単位の比較
ケルビンセルシウス度ファーレンハイト度ランキン度ドリール度ニュートン度レオミュール度レーマー度
絶対零度0−273.15−459.670559.725−90.14−218.52−135.90
地球表面の最低気温(※1)183.95−89.2−128.56331.11283.8−29.436−71.36−39.33
ファーレンハイト寒剤255.37−17.780459.67176.67−5.87−14.22−1.83
融点標準状態下)273.15032491.67150007.5
地球表面の平均気温2881559518.67127.54.951215.375
人間の平均体温309.9536.898.24557.9194.812.14429.4426.82
地球表面の最高気温(※2)329.8556.7134.06593.7364.9518.71145.3637.268
水の沸点(標準状態下)373.15100212671.670338060
チタンの融点1941166830343494−23525501334883
太陽の表面温度58005526998010440−8140182344212909

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.