ドニエプル川

ドニエプル川(ドニエプルがわ、ウクライナ語: Дніпроドニプローベラルーシ語: Дняпроドニャプローロシア語: Днепрドニェープル)は、ロシアから始まって、ベラルーシを経てウクライナに流れ黒海に注ぐである。総延長は、2285km。

ドニエプル川
ウクライナの首都キエフを流れるドニエプル川
延長 2,290 km
平均流量 1,670 m³/s
流域面積 516,300 km²
水源 アクセニア・モーフ沼、ヴァルダイ丘陵南部 (北緯55度52分 東経33度41分)
水源の標高 220 m
河口・合流先 ドニプロ・ブーフ潟黒海 (北緯46度33分 東経32度20分)
ドニエプル川の流域。
ドニエプル川。

日本語表記は、他にドネプル川[1]ドニェプル川ドニェープル川などのバリエーションが見られる。ウクライナ語名やベラルーシ語名に沿って表記されることは少ない。

概要

北ロシアの標高220mのヴァルダイの丘に源流を発し、東ヨーロッパ平原を南へ流れて、最終的には黒海に流れ込んでいる。川は、115kmの長さに渡って、ベラルーシとウクライナの国境になっている。下流の約800km部分には、巨大ダムによるダム湖が連続している。

ドニエプル川流域(ドニプロ・ウクライナ)では古代よりさまざまな民族が生活の拠点を築いてきた。北欧・東欧からルーシを経て東ローマ帝国に向かう「ヴァリャーグからギリシアへの道」の一部ともなってきた。中世にはキエフ・ルーシの都、現代ではウクライナの首都キエフもこの流域に位置している。ドニエプル川は、現代のキエフの町を北から南へ縦断して流れている。

ドニエプル川流域ではその後ウクライナ・コサックが栄え、ヘーチマン国家が形成された。

ドニプロという川の名はサルマタイの言葉で「はるか遠くの川」を意味する。反対にドニエストル川は彼らの言葉で「近くの川」の意味である。

ドニエプル川沿いの都市・町(川の上流より)

ロシア

ベラルーシ

ウクライナ

支流

下流より記載(括弧内は合流地点)

脚注

  1. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年2月17日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.