トーロ (スペイン)

トーロスペイン語: Toro)は、スペインカスティーリャ・イ・レオン州サモーラ県ムニシピオ(基礎自治体)。

Toro


時計塔
 カスティーリャ・イ・レオン州
 サモーラ県
面積 324.79 km²
標高 740m
人口 9,115 人 (2016年)
人口密度 28.06 人/km²
住民呼称 toresano/-a、cermeño/-a
守護聖人 Santísimo Cristo de las Batallas、
Virgen del Canto
Toro
スペイン内トーロの位置
Toro
サモーラ県内トーロの位置

北緯41度31分34秒 西経5度23分41秒

地理

イベリア半島北西部、ドゥエロ川岸の北部メセタに位置する。市街はドゥエロ川を見下ろす丘の上にある。

人口

トーロの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[1]、1996年 - [2]

歴史

紀元前28年、カンタブリア人とアストゥリアス人への攻撃のため、ローマ人は都市に定住する以前に近くに野営をした。トーロはフェニキア人にはアルボセラ(Albocela)またはアルブカラ(Arbucala)の名で知られていた。

第二次カスティーリャ継承戦争中の1476年、トーロの町はフアナ王女を支持するポルトガル軍が占領していた。イサベル王女支持者たちは、占領者への反乱を企んだ。総督フアン・デ・ウジョーアは、フアナ王女派であり、容疑者全員を絞首台へ送った。しかしフアン・デ・モンロイの妻アントーナには、自宅の玄関前での鉄環絞首刑を命じた。女王となった後イサベル1世はトーロに入場し、茶色の扉に救済のレリーフを描かせた。

4世紀にわたりトーロはコルテスで投票する権利のある17の都市のひとつであった。

経済

トーロの経済は第一次産業が主体である。トーロで作られるワインは高品質で、原産地呼称制度が適用されたトーロ (DO)の名称で知られている。次いで食品製造、製糖、パン、菓子の製造が行われている。

みどころ

  • サンタ・マリーア・マヨール教会 - サモーラ大聖堂の参事会教会。ロマネスク様式ゴシック様式の混合。
  • サン・サルバドール・デ・ロス・カバジェーロス教会 - ムデハル様式
  • サンタ・ソフィア修道院 - ゴシック様式。

姉妹都市

出身者

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.