トンガ語 (ポリネシア)

トンガ語トンガ語: lea faka-Tonga)はオーストロネシア語族に属し、トンガで話される言語である。約10万人の話者がおり、トンガ王国の公用語となっている。構文はVSO(動詞-主語-目的語)。なお、日本語で禁忌を意味する「タブー」はトンガ語からの借用語であると書かれている文献もあるが、学術的には根拠がない。

トンガ語
lea faka-Tonga
話される国 トンガ
アメリカ領サモア
オーストラリア
カナダ
フィジー
 ニュージーランド
ニウエ
アメリカ合衆国
バヌアツ
話者数 105,319人(1998年)
言語系統
表記体系 ラテン文字 (トンガ語アルファベット)
公的地位
公用語 トンガ
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 to
ISO 639-2 ton
ISO 639-3 ton
CDCによるCOVID-19対策についてのトンガ語版ポスター。"COVID"が"KOVITI"と表記されている。

類縁の言語

オーストロネシア語族の下位語群であるポリネシア語派に属する。ハワイ語マオリ語(ニュージーランド)、サモア語(サモア)、タヒチ語(タヒチ)などと近縁関係にある。ニウエ語とともに、ポリネシア語派の下位区分であるトンガ語群を形成する。

文字と発音

トンガ語は本来無文字であり、ラテン文字を借用して表記する。ただし喉頭閉鎖音をあらわすには ʻ (ファカウア。ハワイ語のオキナと同じ記号)を用いる。

母音

  • a 英語の father
  • e 英語の met
  • i 英語の machine
  • o 英語の note
  • u 英語の tune

子音

  • f 英語の foot
  • h 英語の horse
  • k 英語の king
  • l 英語の lead
  • m 英語の man
  • n 英語の nest
  • ng 英語の singer (finger とは異なる)
  • p 英語の stop
  • s 英語の see
  • t 英語の time
  • v 英語の vine
  • fakauʻa ( ʻ ) 喉頭閉鎖音

音節構造

1音節はただひとつの母音をもつ。したがって語における音節数と母音数はつねに等しい。

1音節はただひとつの子音をもつ。子音は組み合わせては用いられない(必ず母音に後続される)。Ng は子音の組み合わせではなく、単独の子音を表している。

すべての音節は母音によっておわる(開音節)。

ファカウア、すなわち喉頭閉鎖音は子音であり、したがって必ず母音に後続される。また語頭にたつ場合を除き、母音に前置される。

二音節以上をもつ語では、アクセント(強勢)は語末からひとつ前の音節におかれる。しかし一定の条件のもとでこのアクセントは語末または別の音節に移動する。実際の発話では、このアクセント移動には話者による差異がある。

変種

王の言葉、貴族(Houʻeiki)の言葉、民衆の言葉、の3変種がある。

トンガ語の資料

トンガ語は長く文字に書かれなかった。現在でも、聖書、モルモン書などの翻訳された宗教書、およびいくつかの書籍を除くと、トンガ語の書物はほとんど存在しない。トンガで入手できるほとんどの印刷物はもうひとつの公用語である英語で書かれている。

トンガでは週刊誌および月刊誌がいくつか発行されている。日刊の新聞は発行されていない。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.