トロキセルチン

トロキセルチン(: Troxerutin)はフラボノールの一種であるルチンの誘導体 [1]アグリコンの3つの水酸基にヒドロキシエチル基がエステル結合したヒドロキシエチルルトシドの1つ。 エンジュから分離される。

トロキセルチン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
識別
CAS番号
7085-55-4 
ATCコード C05CA04 (WHO)
PubChem CID: 9896814
ChemSpider 4589027 
UNII 7Y4N11PXO8 
KEGG D07180
ChEMBL CHEMBL3182320 
日化辞番号 J9.645H
別名
化学的データ
化学式C33H42O19
分子量742.67518 g/mol

血管保護作用(vasoprotective)がある。[2]

トロキセルチンは、マウスにおいて高コレステロール食により誘導される活性酸素(ROS)を低減し中枢神経系(CNS)のインスリン抵抗性を改善した。[3]

脚注

  1. Zhang, ZF; Fan, SH; Zheng, YL; Lu, J; Wu, DM; Shan, Q; Hu, B (2014). “Troxerutin improves hepatic lipid homeostasis by restoring NAD(+)-depletion-mediated dysfunction of lipin 1 signaling in high-fat diet-treated mice.”. Biochemical Pharmacology 91 (1): 74-86. doi:10.1016/j.bcp.2014.07.002. PMID 25026599.
  2. Riccioni, C.; Sarcinella, R.; Izzo, A.; Palermo, G.; Liguori, M. (2004). “Effectiveness of Troxerutin in association with Pycnogenol in the pharmacological treatment of venous insufficiency”. Minerva cardioangiologica 52 (1): 43–48. PMID 14765037.
  3. Lu, J.; Wu, D. -M.; Zheng, Z. -H.; Zheng, Y. -L.; Hu, B.; Zhang, Z. -F. (2011). “Troxerutin protects against high cholesterol-induced cognitive deficits in mice”. Brain 134 (3): 783–797. doi:10.1093/brain/awq376. PMID 21252113.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.