トゥラン (エトルリア神話)

トゥランTuran)はエトルリア神話においての愛と活力の女神で、ヴェルク(Velch)市の守護者である。美術において、通常は若い翼のある少女として描写されている[1]ローマ神話ウェヌスおよびギリシア神話アプロディーテーに相当する女神とされる。

一般に鵞鳥白鳥などの卵を産んでいる鳥と関連付けされる[2]。従者はラサス(Lasas)と呼ばれた。トゥランはかなり古くから信仰されていたと思われるが、ピアチェンツァの肝臓Liver of Piacenza)にもエトルリアの神々について書かれたマルティアヌスMartianus)のリストにも記載が無い。7月のエトルリア語名は彼女にちなんで名づけられているが、現在はそのラテン語形トラネウス(Traneus)を知るのみとなる[3]

脚注

  1. e.g. N. H. Ramage and A. Ramage, Roman Art, Upper Saddle River, 1996: fig. 1.39
  2. de Grummond, Etruscan Myth, Sacred History and Legend, page 85
  3. de Grummond, Etruscan Myth, Sacred History and Legend, page 86
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.