トゥイ (スペイン)

トゥイTui)は、スペイン北西部ガリシア州ポンテベドラ県の都市で、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョの中心自治体。1833年まで、ガリシア地方にあった7県のうちのひとつ、トゥイ県の県都でもあった。ガリシア統計局によると、2013年の人口は16,827人(2011年:17,236人、2010年:17,306人、2009年:17,262人、2007年:16,948人)[1]。住民呼称は男女同形で、tudense。カスティーリャ語表記はTuy。

Tui

  


トゥイ旧市街遠景
 ガリシア州
 ポンテベドラ県
コマルカ オ・バイショ・ミーニョ
司法管轄区 トゥイ
面積 68.3 km²
教区数 12
標高 44m
人口 16,827 人 (2013年)[1]
人口密度 246.37 人/km²
住民呼称 tudense
ガリシア語率 86.36% (2011年[2]
自治体首長
(2011年)
モイセス・ロドリゲス・ペレス(PPdeG
Tui
スペイン内トゥイの位置
Tui
ポンテベドラ県内トゥイの位置

北緯42度02分53.04秒 西経8度38分40.02秒
トゥイ公式サイト

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は86.36%(2001年)。

地理

トゥイはポンテベドラ県の南西部に位置し、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。北西がゴンドマール、北がオ・ポリーニョ、北東がサルセーダ・デ・カセーラス、南西がトミーニョの各自治体と隣接、また南東はミーニョ川をはさんでポルトガルと隣接している。自治体の中心地区はトゥイ教区のトゥイ地区[3]

トゥイはトゥイ司法管轄区に属し、同管轄区の中心自治体である[4]

人口

トゥイの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[5]、1996年 - [6]

歴史

先史時代からローマ化時代

この地域に人が住み始めたのは先史時代からで、ビーゴへの高速道路建設中に,前期旧石器時代のものと推定される定住跡が発見されている。

ミーニョ川の渓谷は肥沃で、太古の時代からこの地域の定住者の食糧採集に適していたと考えられる。旧石器時代(2万2000年前)の遺跡がミーニョ川およびその支流のロウロ川の斜面の段丘に残されている。新石器時代(7000年前)のものとしては、カラスケイラの斧(パラモス教区)や巨石遺跡(アレアス教区のアンタ地区)などがある。6000年前には金属の加工が始まり、その時代の遺物として青銅の兜や、カルデラス・デ・トゥイ教区で発見された斧(トゥイ司教区美術館所蔵)やランドゥフェ教区のペトログリフなどがある。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のモイセス・ロドリゲス・ペレス(Moisés Rodríguez Pérez)[7]、自治体評議員は、ガリシア国民党:9、At.T.[8]:3、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):2、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、C.XXI[9]:1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[10]

1999年6月13日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
CPT[11] 4,428 44.26% 8
PPdeG 3,309 33.08% 6
BNG 1,064 10.64% 2
PSdeG-PSOE 913 9.13% 1
PADE[12] 145 1.45% 0

首長当選者:アントーニオ・フェリシアーノ・フェルナンデス・ロチャ(CPT)

2003年5月25日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 5,191 50.43% 9
AT[13] 2,337 22.70% 4
BNG 1,387 13.48% 2
PSdeG-PSOE 1,210 11.76% 2

首長当選者:アントーニオ・フェリシアーノ・フェルナンデス・ロチャ(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 4,014 37.29% 7
AT 2,137 19.86% 4
BNG 1,551 14.41% 2
T.U.I [14] 1,533 14.24% 2
PSdeG-PSOE 1,116 10.37% 2
U.C.TUI[15] 255 2.37% 0

首長当選者:アントーニオ・フェリシアーノ・フェルナンデス・ロチャ(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[10]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 4,552 44.53% 9
At.T. 1,721 16.83% 3
PSdeG-PSOE 1,479 14.47% 2
BNG 1,332 13.03% 2
C.XXI 648 6.34% 1
PGD[16] 324 3.17% 0

首長当選者:モイセス・ロドリゲス・ペレス(PPdeG)

交通

交通の便は陸上、海上、航空とも恵まれた条件にある。ガリシア北部へは大西洋沿岸地帯を貫通している高速道路AP-9号線、国道N-550号線、南へは高速道路によってポルトガルポルトとつながっている。鉄道の駅は2つあり、中央駅はビーゴと、そして国際橋を経てポルトガルとつながっている。もうひとつのギジャレイ駅はマドリードチャマルティン駅とつなぐタルゴのポンテベドラ県最後の停車駅となっている。また、国際線も発着するビーゴ空港へは25kmの距離である。また、ミーニョ川はトゥイまでは航行可能である。

名所・史跡

トゥイの大聖堂

トゥイにある建築物で、際立っているものはカテドラル(大聖堂)で、その建築様式はロマネスクゴシックで、1120年に建造が始まった。特に西側の門(ポルターダ)は見事で、1225年前後に建てられたもので、イベリア半島で最初のゴシック建築である。

教区

トゥイは12の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[3]

  • アレアス(サンタ・マリーニャ)
  • バルドランス(サンティアーゴ)
  • カルデーラス・デ・トゥイ(サン・マルティーニョ)
  • ギジャレイ(サン・マメーデ)
  • マルバス(サンティアーゴ)
  • パラーモス(サン・ショアン)
  • パソス・デ・レイス(オ・サグラリオ)
  • ペシェゲイロ(サン・ミゲル)
  • ランドゥーフェ(サンタ・マリーア・ダ・ギア)
  • レボルダンス(サン・バルトロメウ)
  • リバデロウロ(サンタ・コンバ)
  • トゥイ(オ・サグラリオ)

参考文献・脚注

  1. IGE(ガリシア統計局) (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2014年5月29日閲覧。
  2. Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública., http://praza.gal/recurso/1263/evolucion-no-uso-do-galego-por-concellos/
  3. Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.26、p.132-134、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5844-1
  4. Tui, partido judicial nº6 de Pontevedra (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年6月1日閲覧。
  5. Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  6. Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  7. Alcaldes Elecciones 2011 (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2011年12月26日閲覧。
  8. At.T.はAlternativa Tudense、ローカル政党。
  9. C.XXIはConverxencia XXI(CONVERXENCIA VINTEÚN)、ガリシア主義政党。
  10. Consulta de Resultados Electorales (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2011年12月26日閲覧。
  11. CPTはCoalición Popular Tudense(トゥイ住民連合)、ローカル政党。
  12. PADEはPartido Demócrata Españolスペイン民主党)、保守主義政党。
  13. ATはAcción Tudense、ローカル政党。
  14. T.U.I はTudenses Unidos Independientes、ローカル政党。
  15. U.C.TUIはUnión Centrista Tudense(トゥイ中道連合)、ローカル政党。
  16. PGDはPartido Galeguista Demócrata(ガリシア主義民主党)、民族主義政党。


外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.