デルヴェニ・パピルス

デルヴェニ・パピルス(Derveni papyrus)とは、1962年に発見された古代ギリシアの古文書である。

デルヴェニ・パピルス

その本文自体は、オルペウス詩(神々の誕生に関する神統譜)を寓意的に注釈した哲学論文であり、紀元前5世紀後半にアナクサゴラスなど自然学者の影響が見られる。「ルネッサンス以降に新しく発見された、ギリシャ哲学と宗教に関する典拠の、最も重要な部分」とされている(Janko,2005)。

ヨーロッパ最古の残存する文書であり、このパピルス自体の埋葬期はマケドニア王国ピリッポス2世の治世である約紀元前340年にさかのぼる[1][2]。最終的には2006年に刊行された。

発見の経緯

この巻物は、ギリシア北部のマケドニアのデルヴェニにて発見された。デルヴェニとは古都レテに属す、富裕層のためのネクロポリス(墓地)である。西洋の歴史において現存する最古の文献であり、現代に残ったきわめて僅かなギリシアのパピルスの一部である[1]。パピルスは貴族の墓の火葬用の薪のために炭化しており、現在はテッサロニキ考古学博物館で保存されている。

内容

本文はオルペウス作に帰された六歩格詩に対する注釈であり、詩の断片が引用されている。

詩の形で叙述された神統譜によると、ニュクス(夜)は、ウーラノス(天)を生み、天が最初の王となる。その後を受けてクロノス(時間)が王位につくが、ゼウスがその後を襲う。父から神託を聞いたゼウスはニュクスの聖域に赴き、そこで彼から、後に全て実現することになる神託を聞かされる。そこでゼウスは、最初に天の輝きを射精した王ウーラノスの男根を呑み込んだ[3]

読解の状況

テキストは発見後、44年の間、公式に十全な形で刊行されることは無かった。出版者であるA.L.Pierrisによれば、出版を遅らせたのは、テッサロニキアリストテレス大学名誉教授のKyriakos Tsantanoglouである。2005年の秋、専門家チームが結成され、the Institute for Philosophical studiesのA. L. Pierrisと、オックスフォード大学のthe Oxyrhynchus papyrus projectのディレクターであるDirk Obbinkにより主導された。さらに、ロジャー・マクファーレンによる最新の多重スペクトルの映像技術および、ブリガムヤング大学のGene Wareの協力を得た。

2006年にテッサロニキの学者(Tsantsanoglouら、「参考文献」に列挙)らにより、公式版が出版されたが、それは、様々な学者の異読を記録するapparatus criticsを欠いたままとなっている[4]。そのため、断片の詳細な検討に基づいたパピルスのテキストの提供および、写真版の作成と翻訳作業が行われ、さらなる問題が解明されることが期待されている(参考文献のJanko,2006を参照)。

脚注

  1. Ancient scroll may yield religious secrets”. The Associated Press. 2006年6月1日閲覧。
  2. THE PAPYRUS OF DERVENI”. Hellenic Ministry of Culture. 2006年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年6月1日閲覧。
  3. Bowersock, G. W. Tangled Roots. From The New Republic Online 2005,6,8. Retrieved 2006,6,6.
  4. K. Tsantsanoglou, G.M. Parassoglou, T. Kouremenos (editors), 2006. "The Derveni Papyrus" (Leo. S. Olschki Editore, Florence [series "Studi e testi per il "Corpus dei papiri filosofici greci e latini", vol. 13]).

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.