デヒドロ酢酸

デヒドロ酢酸(デヒドロさくさん、: Dehydroacetic acid)はピロンの誘導体で、防かび剤殺菌料として、イチゴカボチャ漬物などに使われる[2]酵素入り歯磨剤にも使用される。

デヒドロ酢酸[1]
識別情報
略称 DHAA
CAS登録番号 520-45-6 
PubChem 10623
ChemSpider 10177 
UNII 2KAG279R6R 
EC番号 208-293-9
E番号 E265 (防腐剤)
MeSH dehydroacetic+acid
特性
化学式 C8H8O4
モル質量 168.15 g mol−1
精密質量 168.042258744 g mol-1
外観 白色の結晶
融点

109 °C, 382 K, 228 °F

沸点

270 °C, 543 K, 518 °F

危険性
EU分類 Xn
EU Index 607-163-00-2
Rフレーズ R22
Sフレーズ (S2)
関連する物質
関連物質 4-ピロン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

多くの場合、水への溶解度調整のため、ナトリウム塩デヒドロ酢酸ナトリウムとして使用される。

工業的には、さまざまな合成樹脂可塑剤として利用される[1]

脚注

  1. Merck Index, 11th Edition, 2855
  2. Handbook of Biocide and Preservative Use, Harold William Rossmoore, p. 341 ISBN 0751402125
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.