テトラヒドロビオプテリン

テトラヒドロビオプテリン(Tetrahydrobiopterin)、サプロプテリン(sapropterin)またはBH4は、フェニルアラニンチロシンへ変換するフェニルアラニン-4-ヒドロキシラーゼ、チロシンをレボドパへ変換するチロシン-3-ヒドロキシラーゼ、そしてトリプトファン5-ヒドロキシトリプトファンへ変換するトリプトファン-5-ヒドロキシラーゼの3種の酵素に必須な天然に生成する補因子である。また、一酸化窒素合成酵素(NOS)による一酸化窒素の合成にも必須である。

テトラヒドロビオプテリン
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: C
    法的規制
    投与方法 経口
    識別
    CAS番号
    17528-72-2
    PubChem CID: 44257
    ChemSpider 1093
    KEGG C00272
    化学的データ
    化学式C9H15N5O3
    分子量241.25

    臨床での重要性

    テトラヒドロビオプテリン合成と再生の欠乏はタイプIVのフェニルケトン尿症(PKU)および神経伝達物質ドーパミンセロトニン)の欠乏の原因となる。フェニルケトン尿症患者のフェニルアラニンの血中濃度の長期的な上昇は、知能の遅滞を含む過度の精神異常、小頭症、言語能力の遅滞、発作、異常行動に繋がる。

    サプロプテリンはKuvanという商品名でテトラヒドロビオプテリン二塩酸塩の形で販売されている[1]。これは、BioMarin社によって開発され、2007年12月13日にアメリカ食品医薬品局によって認可された。サプロプテリンはフェニルケトン尿症のためだけに合成された薬品である。Kuvanはフェニルアラニンの血中濃度を持続的に下げる効果がある。

    生合成

    テトラヒドロビオプテリンはGTPシクロヒドロラーゼI(EC 3.5.4.16)、6-ピルボイルテトラヒフォロプテリンシンターゼ(EC 4.2.3.12)、セピアプテリンレダクターゼ(EC 1.1.1.153)の3つの酵素反応によってGTPから合成される[2]

    テトラヒドロビオプテリンの生合成とその再生経路

    生化学機能

    テトラヒドロビオプテリンは次の酵素の補因子(cofactor)である。

    歴史

    テトラヒドロビオプテリンはSeymour Kaufmanによって生物学的補因子として機能することが発見された。初めてテトラヒドロビオプテリンを使うことが分かった酵素フェニルアラニンヒドロキシラーゼである[3]

    脚注

    1. Barbara K. Burton, Santwana Kar & Peter Kirkpatrick (2008)). “Fresh from the Pipeline: Sapropterin”. Nature Reviews Drug Discovery 7: 199–200. doi:10.1038/nrd2540.
    2. Thony B, Auerbach G, Blau N (2000). “Tetrahydrobiopterin biosynthesis, regeneration and functions”. Biochem J 347 Pt 1: 1–16. doi:10.1042/0264-6021:3470001. PMID 10727395. http://www.pubmedcentral.gov/articlerender.fcgi?tool=pubmed&pubmedid=10727395.
    3. Kaufman, S (1958). “A New Cofactor Required for the Enzymatic Conversion of Phenylalanine to Tyrosine”. J. Biol. Chem. (230): 931–39. http://www.jbc.org/cgi/reprint/230/2/931.

    外部リンク

    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.