テオフィロ・クビジャス

テオフィロ・クビジャススペイン語発音: [teˈofilo kuˈβiʎas], 1949年3月8日 - )は、ペルーリマプエンテ・デ・ビエドラ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションは攻撃的ミッドフィールダー

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はクビジャス第二姓(母方の姓)はアリサガです。(Template:スペイン語圏の姓名)
テオフィロ・クビジャス
2009年のクビジャス
名前
本名 テオフィロ・フアン・クビジャス・アリサガ
Teófilo Juan Cubillas Arisaga
愛称 El Nene(エル・ネネ、坊や)
ラテン文字 Teófilo Cubillas
基本情報
国籍 ペルー
生年月日 (1949-03-08) 1949年3月8日(72歳)
出身地 リマ
身長 173cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF (OH)
代表歴
1968-1982 ペルー 81 (26)
監督歴
1988 アリアンサ・リマ
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

ペルー代表としては81試合に出場し、史上最多の26得点を挙げた。1970 FIFAワールドカップでは準々決勝進出に貢献し[1]コパ・アメリカ1975では優勝した[2]1978 FIFAワールドカップでは再び準々決勝に進出した[3]FIFAワールドカップ本大会では2大会で5得点ずつ、計10得点を挙げた。

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)の投票によってペルー史上最高の選手に選出されており、またIFFHSは世界トップ50にクビジャスを含めている[4]。1972年には南米年間最優秀選手賞を受賞した。2004年には、ペレによってペルー人選手で唯一FIFA 100に選出された[5]。2008年2月、ブラジルのFIFAワールドカップ初優勝からの50周年を記念して選考された「過去50年の南米ベストイレブン」に選出された[6]

経歴

クラブ

その少年のような風貌からエル・ネネ(El Nene、坊や)というニックネームを持つ。16歳だった1966年、アリアンサ・リマからデビュー[7]。アリアンサ在籍時の1966年と1970年にはプリメーラ・ディビシオンの得点王に輝いた[8]。1972年にはコパ・リベルタドーレスで得点王となり、南米年間最優秀選手賞を受賞[9]

1973年、スイス・スーパーリーグFCバーゼルに移籍金9万7000ポンドで移籍[10]。1973-74シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは2得点を挙げた[11]。1974年夏、ポルトガル・スーペル・リーガFCポルトに移籍金20万ポンドで移籍[10]

1979年、北米サッカーリーグ(NASL)のフォートローダーデール・ストライカーズと契約し、リーグ戦5シーズンで59得点を挙げた。1981年のロサンゼルス・アステクス戦では7分間でハットトリックを達成している[12]。1984年にアリアンサ・リマに復帰し、ユナイテッドサッカーリーグ(USL)のサウスフロリダ・サンフォートラーダーデールを経て、1987年5月、アメリカン・サッカーリーグ(ASL)のフォートローダーデール・ストライカーズと契約[13]。1988年にはタイトル獲得まであと一歩に迫ったが、ワシントン・ディプロマッツに敗れて優勝を逃した[14]。ディプロマッツ戦後、ストライカーズはクビジャスを放出[15]。1989年3月、マイアミ・シャークスと契約したが、8試合に出場してわずか1得点に終わり、7月3日に放出された[16]。その後はオーストラリアに渡り、ゴールドコースト・リーグのミラマール・イルシオネスでアマチュア選手としてプレーを続けた[17]

代表

3度のFIFAワールドカップに出場し、最初の2大会では5得点ずつを挙げている。5ゴール以上を記録した大会が2度以上ある選手は他にミロスラフ・クローゼトーマス・ミュラーのみである。1970年代のFIFAワールドカップの歴史を象徴する選手のひとりに数えられている[18]。メキシコで開催された1970 FIFAワールドカップでは4試合すべてで得点し、ペルー代表の上位進出に貢献した。1次リーグではブルガリア戦、モロッコ戦(2得点)、西ドイツ戦で得点し、準々決勝では結果的に優勝するブラジル相手に得点したが、ブラジルに敗れて準々決勝敗退となった。クビジャス自身は5得点で得点ランキング3位となった[1]。大会の最優秀若手選手賞を受賞し、ジャイルジーニョゲルト・ミュラーに次ぐ得点数でブロンズブーツ(得点ランキング3位)を受賞した。クビジャスは大会のオールスターチームに選ばれ、ブラジル代表のペレは自身の後継者とみなした。

1974 FIFAワールドカップは南米予選で敗退したが、翌年のコパ・アメリカ1975ではペルー代表に2度目のタイトルをもたらした。クビジャスは準決勝のブラジル戦で得点し、決勝プレーオフにも出場した[2]。アルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでは5得点を挙げ、アルゼンチン代表マリオ・ケンペスに次いで得点ランキング2位となった。1次リーグ初戦のスコットランド戦では直接フリーキックによる得点を含めて2得点を挙げ[19]イラン戦では2つのPK成功を含む3得点を挙げてハットトリックを達成した。ペルー代表は準々決勝に駒を進めたが、8年前のメキシコの時と同様に、ブラジルポーランド、アルゼンチンと強豪が揃った2次リーグでは3戦全敗に終わった。クビジャスは1次リーグからの6戦全てに出場している[3]

1982 FIFAワールドカップに出場したペルー代表にはクビジャスの他にセサル・クエトホセ・ベラスケスフリオ・セサル・ウリベなどの選手を擁していたが、1次リーグではカメルーン戦 (0-0) とイタリア戦 (1-1) に引き分け、ポーランド戦(1-5)に敗北。3試合で勝ち点2を獲得したのみで、1次リーグ敗退となった。敗退から1ヶ月後、クビジャスはペルー代表からの引退を発表した。

現役引退後

アメリカ・フロリダ州コーラルスプリングスに在住し、少年サッカースクールを運営している。また、サッカー解説者としても活動している。

所属クラブ

タイトル

クラブ

  • アリアンサ・リマ
プリメーラ・ディビシオン 優勝 (2) : 1977, 1978
  • FCバーゼル
スイス・リーグカップ 優勝 (1) : 1973
  • FCポルト
スーペル・リーガ 準優勝 (1) : 1975
タッサ・デ・ポルトガル 優勝 (1): 1977
  • FLストライカーズ
北米サッカーリーグ 準優勝 (1) : 1981
  • サウスフロリダ・サン
ユナイテッドサッカーリーグ 優勝 (1): 1985

代表

  • ペルー代表
コパ・アメリカ 優勝 (1) : 1975

個人

タイトル
選出
  • プラカール誌選出「20世紀の100選手」 : 2000[24]
  • プラカール誌選出 「FIFAワールドカップの100選手」 : 2000[25]
  • FIFA 100 : 2004
  • CONMEBOL選出 オールスターチーム(1958-2008) : 2008 [26]

個人成績

クラブでの出場記録

クラブ成績 リーグ カップ 国際大会 通算
シーズンクラブリーグ 出場得点出場得点 出場得点 出場得点
ペルー リーグカップ 南米 通算
1966アリアンサ・リマプリメーラ??????
1967????
1968????
1969????
1970????
1971????
1972??????
1973????
スイス リーグスイス杯 ヨーロッパ 通算
1973-74FCバーゼルスーパーリーグ?????2[11]??
ポルトガル リーグポルトガル杯 ヨーロッパ 通算
1973-74FCポルトスーペル・リーガ12422-146
1974-7530944423815
1975-76292853443835
1976-771472121189
ペルー リーグカップ 南米 通算
1977アリアンサ・リマプリメーラ32233223
197815121072519
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1979[27]FLストライカーズ北米サッカーリーグ32163216
1980[27]34183418
1981[27]34193419
1982[27]184184
1983[27]238238
ペルー リーグカップ 南米 通算
1984アリアンサ・リマプリメーラ4444
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1985[28]サウスフロリダ・サンUSL2121
ペルー リーグカップ 南米 通算
1987アリアンサ・リマプリメーラ133133
アメリカ リーグUSオープン杯 北中米カリブ海 通算
1988[29]FLストライカーズASL?7?7
通算ペルー 233152001613249165
スイス 1032222147
ポルトガル 8548131010710865
アメリカ 16375000016375
総通算 49127815122822534312

注記: 国内リーグの記録にはNASLのプレーオフの出場試合数も含む。

代表での得点

[30]

脚注

  1. Group D”. World Cup 1970 results and line-ups. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  2. Martin Tabeira (12 August 2009 (last updated)). Copa América 1975”. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  3. Group D”. World Cup 1978 finals - results and line-ups. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  4. Karel Stokkermans (2000年1月30日). World Player of the Century”. IFFHS' Century Elections. RSSSF. 2011年3月28日閲覧。
  5. Pele's list of the greatest”. BBC (2004年3月4日). 2011年8月19日閲覧。
  6. All-Star First Team Selection (1958-2008) Retrieved on January 17, 2009. Archived 2008年12月31日, at the Wayback Machine.
  7. Clemente Lisi (2012年2月14日). What Ever Happened To... Teofilo Cubillas”. US Soccer Players. 2012年3月18日閲覧。
  8. Peruvian Championship: Top Scorer Retrieved on January 3, 2009
  9. José Luis Pierrend (22 December 2000 (updated)). South American Player of the Year 1972”. RSSSF. 2012年1月15日閲覧。
  10. Jan Alsos. Teofilio Cubillas (Peru)”. Planet World Cup. 2012年1月15日閲覧。
  11. Antonio Zea and Marcel Haisma (9 January 2008 ( updated)). European Champions' Cup 1973-74 – Details”. RSSSF. 2012年3月18日閲覧。
  12. Team Records and League Honors”. Fort Lauderdale Strikers. 2012年3月18日閲覧。
  13. CUBILLAS SIGNS WITH STRIKERS Miami Herald, The (FL) - Saturday, May 7, 1988
  14. The Year in American Soccer - 1988
  15. STRIKERS LOSE FINAL, RELEASE CUBILLAS Miami Herald, The (FL) - Sunday, August 28, 1988
  16. SHARKS OWNER CUTS CUBILLAS , CLAIMS POOR PLAY, LITTLE EFFORT Miami Herald, The (FL) - Monday, July 3, 1989
  17. BACK TROUBLE - GOLD COAST SOCCER Sun-Sentinel - Friday, JUNE 21, 1991
  18. Teofilo Cubillas: Legends of the Football World Cup Retrieved on April 8, 2009
  19. David Edbrooke (2008年2月1日). The 25 best free-kicks of all-time (#11)”. The Telegraph. 2011年3月29日閲覧。
  20. CONMEBOL All-Star Team Retrieved on January 3, 2009
  21. NASL All-Star teams, all-time Retrieved on January 3, 2009
  22. France Football's World Cup Top-100 1930-1990 Retrieved on January 3, 2009
  23. World Soccer: The 100 Greatest Footballers of All Time Retrieved on January 3, 2009
  24. Placar's 100 Craques do Século Retrieved on January 3, 2009
  25. Os 100 Craques das Copas (Placar Magazine) Retrieved on January 3, 2009
  26. CONMEBOL All-Star first team 1958-2008 Retrieved on January 3, 2009
  27. David Litterer. Part 1: Player Biographies, A-H”. TOP INTERNATIONAL STARS IN THE NASL, 1967-1984. American Soccer History Archives. 2012年3月17日閲覧。
  28. Teofilo Cubillas”. North American Soccer League Players. Nasljerseys.com. 2012年3月18日閲覧。
  29. Ft. Lauderdale Strikers”. American Soccer League 1988 Season. A-League Archives. 2012年3月18日閲覧。
  30. Teófilo Cubillas - Goals in International Matches”. Rsssf.com (2006年11月3日). 2009年1月21日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.