ツヘイティア・パキ

第6代マオリ王であったテ・アタイランギカアフの長男で、前王の葬儀が行われた2006年8月21日に後継者として発表され、同日に戴冠した。公式な肩書はまだ決定されていないが、彼の母親の肩書きであったTe Arikinui(偉大なる指導者/チーフ)ではないと考えられている。

ツヘイティア・パキ
Tuheitia Paki
第7代マオリ王
在位 2006年8月21日
戴冠式 2006年8月21日

出生 (1955-04-21) 1955年4月21日(65歳)
配偶者 Te Atawhai
子女 Whatumoana
Korotangi
Naumai
父親 Whatumoana Paki
母親 テ・アタイランギカアフ

ツヘイティア・パキ(Tuheitia Paki, 1955年4月21日 - )は、第7代マオリ王

彼はハントリーのRakaumanga Schoolと、ハミルトンのサウスウェル・スクール、オークランド南部の都市ボンベイにあるセント・スティーブン大学で教育を受けた。

彼は、Te Atawhaiと結婚して、Whatumoana、Korotangi、およびNaumaiという3人の子供を持つ。王になる前はハントリーにあるマオリの文化教育機関Te Wananga o AotearoaのTainui文化アドバイザーを勤めた。

王位に就いて以来の公務

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.