チュー・ヴァン・タン

チュー・ヴァン・タンベトナム語: Chu Văn Tấn漢字:朱文晉, 1909年5月22日 - 1984年)は、ベトナムの軍人、政治家。ベトナム労働党中央委員。ベトナム人民軍陸軍に所属し、最終階級は上将。

チュー・ヴァン・タン
Chu Văn Tấn
生誕 1909年5月22日
フランス領インドシナ
タイグエン省ヴォーニャイ県
死没 1984年
ベトナム民主共和国
ハノイ
所属組織 ベトナム人民軍陸軍
最終階級 上将

経歴

チュー・ヴァン・タンは1909年、北部タイグエンヌン族の家庭に生まれた[1]。1930年代初めにインドシナ共産党入党[1]。1935年、第1回党大会において党中央委員に選出される[2]1945年9月2日に成立したベトナム民主共和国臨時政府ではホー・チ・ミンに指名され国防大臣も務めた[3]

第一次インドシナ戦争中の1948年1月1日、少将の階級を授与される[4]。同年1月25日、第1連区区長[5]および第1連区抵抗・行政委員会軍事委員[6]に任命された。翌1949年11月4日、ベトバック連区抵抗委員会主席兼軍事委員に任命され[7]、同年11月22日には連区軍政治委員となる[8]

1951年2月、第2回ベトナム労働党大会において党中央委員に再選[9]

ジュネーヴ協定による休戦後、1956年11月2日にベトバック自治区行政委員会主席に任命される[10]。1957年6月6日、ベトバック軍区政治委員に任命[11]1959年8月31日、上将に昇格[12]

1960年9月、第3回党大会において党中央委員に再選[13]。1961年1月23日、第3期党中央委員会第3回総会において党中央軍事委員会委員に任命され[14]ベトナム戦争で指揮を執った。

しかし、1976年12月の第4回党大会では中央委員に選ばれず、失脚した。中国派のホアン・ヴァン・ホアンを支持した為とも、少数民族自治区の廃止に反対した為とも言われる[15]

また、1976年2月25日に党=国家に暗殺されたとも伝えられる[16]

脚注

  1. Lockhart, Duiker (2006), p.73.
  2. 第1期党中央執行委員会(1935-1951年) (ベトナム語)
  3. David G. Marr Vietnam: State, War, and Revolution (1945–1946) 2013 p134 "Intriguingly, on 18 September 1945 it requested that one hundred ballots be printed for an election of Liberation Army senior oflicers.7O On 28 August, Chu Văn Tấn was named minister of defense in the provisional cabinet of the DRV, while .."
  4. ベトナム民主共和国政府主席令111号(1948年1月20日) (ベトナム語)
  5. ベトナム民主共和国政府主席令122号(1948年1月25日) (ベトナム語)
  6. ベトナム民主共和国政府主席令124号(1948年1月25日) (ベトナム語)
  7. ベトナム民主共和国政府主席令128号(1949年11月4日) (ベトナム語)
  8. ベトナム民主共和国政府主席令134号(1949年11月22日) (ベトナム語)
  9. 第2期党中央執行委員会(1951-1960年) (ベトナム語)
  10. ベトナム民主共和国主席令278号(1956年11月2日) (ベトナム語)
  11. ベトナム民主共和国主席令18号(1957年6月6日) (ベトナム語)
  12. ベトナム民主共和国主席令036号(1959年8月31日) (ベトナム語)
  13. 第3期党中央執行委員会(1960-1976年) (ベトナム語)
  14. 職務配置問題に関する1961年1月23日の第3回中央執行委員会会議決議第6号
  15. 木村(1996年)、61ページ。
  16. 中野亜里『ベトナムの人権』福村出版、2009年、95ページ注27。原出典はLam Le Trinh 2001

参考文献

  • 木村哲三郎ベトナム - 党官僚国家の新たな挑戦アジア経済研究所、1996年
  • Bruce Lockhart, William J. Duiker (2006). “CHU VĂN TẤN (1908- )”. Historical Dictionary of Vietnam (Third ed.). Scarecrow Press. pp. 73. ISBN 9780810850538.

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.