チャールズ・アルジャーノン・パーソンズ

サー・チャールズ・アルジャーノン・パーソンズ(Sir Charles Algernon Parsons1854年6月13日- 1931年2月11日)は、イギリスの技術者。メリット勲章勲爵士(OM)、バス勲章ナイト・コマンダー勲爵士(KCB)、王立協会フェロー(FRS)。蒸気タービンの発明で知られる。

サー・チャールズ・A・パーソンズ
Sir Charles A. Parsons
生誕 (1854-06-13) 1854年6月13日
イギリス ロンドン
死没 (1931-02-11) 1931年2月11日(76歳没)
ジャマイカ キングストン
国籍 イギリス
研究分野 工学
出身校 トリニティ・カレッジ
セント・ジョンズ・カレッジ (オックスフォード大学)
主な業績 蒸気タービンの発明
主な受賞歴 ランフォード・メダル(1902年)
フランクリン・メダル(1920年)
コプリ・メダル(1928年)
プロジェクト:人物伝

生涯

有名な天文学者の第3代ロス伯爵ウィリアム・パーソンズ(ロス卿)の息子である。ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジで学び技術者になった。艦船などの動力の分野、電気技術分野、光学装置(サーチライト望遠鏡)の分野で活躍した。

ニューカッスルに自分の会社を設立した。1884年に特許を取得した蒸気タービンの優秀性をアピールするために、1897年ポーツマスヴィクトリア女王観艦式に、蒸気タービンを搭載した実験艇タービニアのデモンストレーションを行ったのが有名である[1]。タービニアはニューカッスルの博物館に展示されている。

この特許では、蒸気がタービンを通過するときにそのスピードを減速制御するように、(タービン翼を)多段階にした。タービン翼の回転には、蒸気が各段の翼を通過するときの反動力を利用し、従来のレシプロエンジンに比べ、熱効率が圧倒的に良く、発電にも革新をもたらし、従来のダイナモ発電が1000-1500回転/分だったが、パーソンズのタービンでは18000回転/分を実現した[1]。パーソンズは独自のタービン発電機も製造し、イギリス諸島全土をはじめ、世界中に設置し始めた[1]

1898年王立協会のフェローに選出され、王立協会から1902年ランフォード・メダルを、1928年コプリ・メダルを受賞した[2]1904年バス勲章コンパニオンを[3]1911年にバス勲章ナイト・コマンダーを[4]1927年メリット勲章を叙勲された[5]

1923年、シカゴに出力5万キロワットの当時世界最大の発電所の設計を請け負った[1]

パーソンズ社は近年まで存続していたが、1990年代後半シーメンス社の子会社となった。

パーソンズは初期の空気圧式蓄音機であるAuxetophoneの開発者としても知られている[6]

脚注

  1. エリック・シャリーン『図説 世界史を変えた50の機械』原書房、2013年、ISBN 9784562049233
  2. "Parsons; Sir; Charles Algernon (1854 - 1931); engineer". Record (英語). The Royal Society. 2012年3月31日閲覧
  3. "No. 27734". The London Gazette (英語). 11 November 1904. p. 7261. 2012年3月31日閲覧
  4. "No. 28505". The London Gazette (Supplement) (英語). 16 June 1911. p. 4592. 2012年3月31日閲覧
  5. "No. 33280". The London Gazette (Supplement) (英語). 31 May 1927. p. 3606. 2012年3月31日閲覧
  6. Reiss, Eric (2007). The compleat talking machine: a collector's guide to antique phonographs. Chandler, Ariz: Sonoran Pub. p. 217. ISBN 1886606226.
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.