チゴユリ属

チゴユリ属(チゴユリぞく、学名:Disporum、和名漢字表記:稚児百合属)はイヌサフラン科の一つ。かつてはユリ科に分類されていた。

チゴユリ属
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: ユリ目 Liliales
: イヌサフラン科 Colchicaceae
: チゴユリ属 Disporum
学名
Disporum Salisb.

特徴

多年草。根出葉はなく、茎葉があり、は互生する。が1本立ちするか、または多少分枝する。は茎または枝の先端に1-数個、横向きまたは下向きにつく。花被片は6個あり、離生し、基部にふくらみがある種がある。雄蕊は6個、葯は長楕円形で、なかば外側を向く。子房は上位で3室あり、ふつう各室に2個の胚珠がある。果実液果で球状になり、黒色に熟す[1]

ヒマラヤ、インド、東アジアに約20種[2]あり、日本には4種あるほか、自然交雑種がある。従来、この属に分類されていた北アメリカに分布する5-6種は、プロサルテス属 Prosartes として分離された[3]

日本の種

外国の種

ギャラリー

脚注

  1. 『日本の野生植物 草本I単子葉類』p.48
  2. Disporum -The Plant List
  3. Prosartes -Flora of North America

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.