チェイス・フィールド

チェイス・フィールドChase Field)は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスにある野球場メジャーリーグベースボール(MLB)ナショナルリーグ西地区に所属するアリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地球場である。

チェイス・フィールド
The BOB

施設データ
所在地 401 East Jefferson Street
Phoenix, Arizona 85001
座標 北緯33度26分44.04秒 西経112度04分00.08秒
起工 1995年12月16日
開場 1998年03月31日
所有者 マリコパ郡
グラウンド 人工芝
ダグアウト ホーム - 三塁側
アウェー - 一塁側
建設費 3億4900万ドル
(マリコパ郡:2億3800万ドル
ダイヤモンドバックス:1億1100万ドル)
設計者 Ellerbe-Becket
建設者 Huber, Hunt & Nichols
旧称 バンクワン・ボールパーク(1998年 - 2005年)
使用チーム  開催試合
アリゾナ・ダイヤモンドバックスMLB)(1998年 - 現在)
インサイトボウル(2000年 - 2005年)
収容能力
49,033人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 330 ft(約100.6 m)
左中間 - 374 ft(約114.0 m)
左中間最深部 - 413 ft(約125.9 m)
中堅 - 407 ft(約124.1 m)
右中間最深部 - 413 ft(約125.9 m)
右中間 - 374 ft(約114.0 m)
右翼 - 334 ft(約101.8 m)
フェンス 左翼 - 10 ft(約3.0 m)
左中間 - 7 ft 6 in(約2.3 m)
中堅 - 25 ft(約7.6 m)
右中間 - 7 ft 6 in(約2.3 m)
右翼 - 9 ft 6 in(約2.9 m)
外野席のプール

1998年の開場時は、命名権を獲得したアメリカ国内の中堅銀行のバンクワンに因みバンクワン・ボールパークBank One Ballpark)と名付けられ、地元ファンからはBOB(ボブ=頭文字をとった略称)などと呼ばれ親しまれた。2005年、バンクワンが世界的に名を馳せる大手のJPモルガン・チェイス銀行と合併されると、球場の命名権も同銀行が継承、2005年シーズン途中でチェイス・フィールドに改称された。

なお、建設資金の内、フェニックス市支出分については、フェニックス市が消費税を2パーセント上げることで捻出した[1]

フィールドの特徴

世界3番目かつアメリカ合衆国初となる開閉式屋根付き野球場。

ドーム球場ながら天然芝を採用している。試合中は原則として屋根を閉じた状態にし、試合の開始前・終了後は芝生の育成のために屋根を開放する。

クアーズ・フィールドに次いで高所(海抜332m)にあり、打者有利の球場として知られる。乾燥している気候のため打球がよく飛び、フィールドの広さに反して本塁打が出やすい。さらに構造上、ライト方向に風が吹いて打球が伸びる傾向にある(夏場は屋根が閉められ、湿度調整も行われるため傾向は薄れる)。外野フェンスが複雑な形状であることも相まって、MLB30球団の本拠地としては最も三塁打が出やすい。

2019年シーズンよりフィールドを天然芝から人工芝に変更した。

設備、アトラクション、演出

プール

この球場だけの特徴として、右中間の外野席にプールがあることが有名で、試合がある日はグループ単位の貸切で運営されている(2011年現在3,500ドル)。高い料金にも関わらず、予約が後を絶たない。シーズンが始まる前からすべての枠が満たされ、翌シーズン目当ての先約金を受けるほど。本塁からおよそ415フィート(約126.5メートル)離れている。1998年5月12日、カブスマーク・グレースが「プール・ショット」第1号を放った。

屋根の開閉

この球場の屋根は4分くらいで開き、それにかかる電気代は2ドルである[2]

主要な出来事

MLBポストシーズン

この球場では、ポストシーズンが計21試合開催されている。2001年にはダイヤモンドバックスがワールドシリーズに進出し、当球場での最終第7戦に逆転サヨナラ勝利して初の優勝を果たした。

シーズンシリーズ日付アウェーチーム(先攻)スコアホームチーム(後攻)観客動員
1999年ディビジョンシリーズ第1戦10月05日(火)ニューヨーク・メッツ8-4アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,584人
第2戦10月06日(水)ニューヨーク・メッツ1-7アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,328人
2001年ディビジョンシリーズ第1戦10月09日(火)セントルイス・カージナルス0-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス42,251人
第2戦10月10日(水)セントルイス・カージナルス4-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス41,793人
第5戦10月14日(日)セントルイス・カージナルス1-2xアリゾナ・ダイヤモンドバックス42,810人
リーグチャンピオン
シップシリーズ
第1戦10月16日(火)アトランタ・ブレーブス0-2アリゾナ・ダイヤモンドバックス37,729人
第2戦10月17日(水)アトランタ・ブレーブス8-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,334人
ワールドシリーズ第1戦10月27日(土)ニューヨーク・ヤンキース1-9アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,646人
第2戦10月28日(日)ニューヨーク・ヤンキース0-4アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,646人
第6戦11月03日(土)ニューヨーク・ヤンキース2-15アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,707人
第7戦11月04日(日)ニューヨーク・ヤンキース2-3xアリゾナ・ダイヤモンドバックス49,589人
2002年ディビジョンシリーズ第1戦10月01日(火)セントルイス・カージナルス12-2アリゾナ・ダイヤモンドバックス49,154人
第2戦10月02日(水)セントルイス・カージナルス2-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,856人
2007年ディビジョンシリーズ第1戦10月03日(水)シカゴ・カブス1-3アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,864人
第2戦10月04日(木)シカゴ・カブス4-8アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,575人
リーグチャンピオン
シップシリーズ
第1戦10月11日(火)コロラド・ロッキーズ5-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,142人
第2戦10月12日(金)コロラド・ロッキーズ3-2アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,219人
2011年ディビジョンシリーズ第3戦10月04日(火)ミルウォーキー・ブルワーズ1-8アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,312人
第4戦10月05日(水)ミルウォーキー・ブルワーズ6-10アリゾナ・ダイヤモンドバックス38,830人
2017年ワイルドカードゲーム10月04日(水)コロラド・ロッキーズ8-11アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,803人
ディビジョンシリーズ第3戦10月09日(月)ロサンゼルス・ドジャース3-1アリゾナ・ダイヤモンドバックス48,641人

ワールド・ベースボール・クラシック

国際大会のワールド・ベースボール・クラシックでは、2006年の第1回大会2013年の第3回大会において、当球場で1次ラウンドの一部の試合が開催された。

大会ラウンド日付先攻スコア後攻観客動員
2006年
(第1回)
1次ラウンド プールB03月07日(火)メキシコ 0-2 アメリカ合衆国32,727人
03月08日(水)カナダ 8-6 アメリカ合衆国16,993人
03月09日(木)メキシコ 9-1 カナダ15,744人
2013年
(第3回)
1次ラウンド プールD03月08日(金)カナダ 4-14 イタリア05,140人
メキシコ 5-2 アメリカ合衆国44,256人
03月09日(土)カナダ 10-3 メキシコ19,581人
アメリカ合衆国 6-2 イタリア19,303人
03月10日(日)アメリカ合衆国 9-4 カナダ22,425人

野球以外での利用

脚注

  1. 玉木正之 『スポーツ解体新書』、朝日新聞社朝日文庫、153頁
  2. 『2007 MLB30球団選手名鑑+球場ガイド』 82ページ ISBN 9784583614540
  3. PHOENIX TO HOST 2019 WWE® ROYAL RUMBLE® WEEKEND

外部リンク

先代:
エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム
MLBオールスターゲーム開催球場
第82回(2011年)
次代:
カウフマン・スタジアム
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.