ダールグレン体系

ダールグレン体系(ダールグレンたいけい、Dahlgren system)は、1980年代にロルフ・ダールグレンらが発表した、被子植物分類体系である。

クロンキスト体系などと同じく、ストロビロイド説に基づいて提唱された。R・ダールグレンおよびその死後に妻ガートルード (Gertrude) が引き継いでまとめた。

特徴

R・ダールグレン自身が単子葉植物の専門家でもあり、従来ユリ科などとしてまとめられることが多かった群を、レベルまで分類し、さらに多数のに分けた。特にキジカクシ目という分類群は、その後分子系統学に基づいて提唱されたAPG体系でも(ダールグレンの提唱したものと一部ずれるが)採用され、進化系統を反映したものといえる。

分類階級としては、双子葉類がモクレン亜綱、単子葉類がユリ亜綱とされ、また、目の上に上目が設けられている(この「上目」がクロンキスト体系の「亜綱」にほぼ対応する部分もある)。クロンキスト体系ほど普及はしなかったが、部分的に採用した文献も多い。

以下詳細を示す。

モクレン綱 Magnoliopsida

モクレン上目 Magnolianae

スイレン上目 Nymphaeanae

キンポウゲ上目 Ranunculanae

ナデシコ上目 Caryophyllanae

タデ上目 Polygonanae

イソマツ上目 Plumbaginanae

アオイ上目 Malvanae

スミレ上目 Violanae

ツバキ上目 Theanae

サクラソウ上目 Primulanae

バラ上目 Rosanae

ヤマモガシ上目 Proteanae

フトモモ上目 Myrtanae

ミカン上目 Rutanae

ブドウ上目 Vitanae

ビャクダン上目 Santalanae

ツチトリモチ上目 Balanophoranae

ウコギ上目 Aralianae

キク上目 Asteranae

ナス上目 Solananae

ツツジ上目 Ericanae

ミズキ上目 Cornanae

シレンゲ上目 Loasanae

リンドウ上目 Gentiananae

シソ上目 Lamianae

オモダカ上目 Alismatanae

ホンゴウソウ上目 Triuridanae

サトイモ上目 Aranae

ユリ上目 Lilianae

パイナップル上目 Bromelianae

ショウガ上目 Zingiberanae

ツユクサ上目 Commelinanae

ヤシ上目 Arecanae

パナマソウ上目 Cyclanthanae

タコノキ上目 Pandananae

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.