ダブルブランド

ダブルブランドとは、提携合併共同開発などにより、ひとつの商品に複数のブランドが付けられているもの。

富士フイルムとEVEREADYでダブルブランドの乾電池

これには多くのバターンがある。

  • 輸入商品に輸入した企業のブランドを併記する場合。
  • 提携や共同開発により、両者のブランドを併記する場合。
  • 開発を請け負った下請け企業のブランドが併記される場合。
  • 倒産した企業の営業権を買い取り、倒産した企業のブランドと自社ブランドを併記する場合。この場合、一定期間を経て自社ブランドのみに移行することが多い。

例えば、富士フイルムは米国エナジャイザーと提携し、同社製乾電池を国内で販売しているが、これには、富士フイルムとエナジャイザー、もしくは、富士フイルムとエバレディ(エナジャイザーの持つブランド)のダブルブランドで販売されている。

また、倒産した新潟鉄工の場合、各事業がそれぞれ買収されたが、買収先の企業が吸収したものと、単独の事業会社として独立したものがある。吸収された場合の多くは、一定期間はNIIGATAブランドと買収先企業のブランドが併記(つまり、ダブルブランド)され、その後に買収先企業のブランドに移行した。一方、単独の事業会社となった場合、多くは買収先企業の子会社の形となり、NIIGATAブランドが存続している。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.